このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
札幌市中央図書館 (2210002)管理番号
(Control number)
6000021082
事例作成日
(Creation date)
2020/08/24登録日時
(Registration date)
2021年04月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年09月02日 00時30分
質問
(Question)
盲目の詩人ワシリー・エロシェンコについて調べている。
彼は大正9年(1920年)8月に美幌を訪れていたそうだが、札幌にも立ち寄っているか知りたい。
回答
(Answer)
エロシェンコが美幌を訪れたのは大正8年8月。札幌を訪れたかは不明。
以下は参考資料よりエロシェンコの行動をまとめたもの。

大正3年(1914年)4月 モスクワから来日
大正4年(1915年)7月 北海道旅行(目的:函館)
大正5年(1916年)7月 インドへ旅立つ
大正8年(1919年)7月 インドから来日
大正8年(1919年)8月 北海道旅行 (目的:美幌)
 →友人である「新津吉久」が勤め先である小樽盲学校の夏休み期間中、美幌で暮らしていたため。
大正10年(1921年)6月 日本政府から国外追放
大正10年(1921年)秋 来札(目的:美満寿館)
大正11年(1922年)12月 来札(目的:豊平館)

※ 文献によっては年月日に細かい相違あり。
回答プロセス
(Answering process)
①「エロシェンコ」で典拠・全項目検索(当館資料を探す)
②ネット検索(Google Books)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
夜あけ前の歌高杉 一郎/著岩波書店 (p397-402「エロシェンコ年譜」)
宮本百合子平林 たい子/著文芸春秋 (p140(美幌について記載))
盲目の詩人エロシェンコア・ハリコウスキー/著恒文社
エロシェンコの都市物語藤井 省三/[著]みすず書房
札幌市史文化社会編札幌市史編集委員会/編集札幌市役所 (p457-)
豊平館・清華亭札幌市教育委員会/編北海道新聞社 (p116-)
キーワード
(Keywords)
エロシェンコ(エロシェンコ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000296558解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!