このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
守山市立図書館 (2300027)管理番号
(Control number)
0001
事例作成日
(Creation date)
2020年10月21日登録日時
(Registration date)
2021年04月01日 18時14分更新日時
(Last update)
2021年04月14日 19時31分
質問
(Question)
守山市の「蛍祭り」が開催された年を知りたい。
回答
(Answer)
『守山市史 中巻』によると、
「螢祭も戦中一時中止されていたが、昭和二十二年(一九四七)守山町と守山商工会により再開せられたが螢は昔のように集まらず、遂に昭和二十七年を最後にこの行事は中止された」とある。

『守山市誌 自然編』によると、
「1921(大正10)年6月18日には、町と青年団が中心となって第1回の<ホタルデー>を開催しました。」
「ホタルデーは、1935(昭和10)年から<蛍祭り>と名称が変わりました」
「1937(昭和12)年には(中略)ずっと続いていた皇室へのホタル献上が中止になり、次の年からはホタル祭りも行われなくなりました」
「1950(昭和25)年にはホタル祭りが再開され」
「1956(昭和31)年に開いたのを最後に、守山のホタル祭りは行われなくなりました」
とある。

『もりやまボタル』によると
「大正10年(1921)・シーズンの土曜・日曜をホタルデーと定め、催しを実施
大正11年(1922)・ホタル祭りを守山商工会と蛍保護会が実施
昭和10年(1935)・ホタルデー一時中止
昭和22年(1947)・守山町と商工会によってホタル行事復活」
とある。

『ホタルの研究』によると、
「大正十年には各新聞社の記者を守山に招待し、季節の土、日曜日をホタルデーと定めて大々的に宣伝をした」
「ホタルデーは昭和十年で一たんやんだのであった」「昭和二十五年よりホタルデーが再開された」
「昭和二十七年は守山駅開設四十周年の記念事業がホタル行事と共催される(中略)翌年はさらにホタルの蒐集に困難が感ぜられたのと、前年の反動もあってホタル行事はこの年以後ふたたび取りやめとなった」
とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486)
参考資料
(Reference materials)
『守山市史 中巻』守山市史編纂委員会,守山市, 1974(M216)p1214
『守山市誌 自然編』守山市誌編さん委員会,守山市, 1996(M407)P557~562
『もりやまボタル』守山大会事務局(守山市環境経済部環境課), 2000(M486.6)P40
『ホタルの研究』南喜市郎, サイテンティスト社, 1983(M486)P235~
キーワード
(Keywords)
野洲郡
守山町
守山市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000296218解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!