このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2020-21
事例作成日
(Creation date)
2021年01月14日登録日時
(Registration date)
2021年03月28日 10時48分更新日時
(Last update)
2021年03月31日 15時58分
質問
(Question)
・『教行信証』の親鸞聖人真筆とされる坂東本
・『歎異抄』の蓮如写本
この2つについて、影印本を探している。字の形が見たいので、一部が掲載されていれば写真でも構わない。図書館で借りられるものでなくても、タイトルや出版社等を教えてほしい。
回答
(Answer)
1 『教行信証』の親鸞聖人真筆とされる坂東本
以下の資料に掲載されています。

【資料1】『石川九楊著作集 8』(石川九楊著 ミネルヴァ書房 2017)
p487「親鸞筆 教行信証(坂東本)」が掲載されています。p486に「「正信偈」が、左頁の親鸞の書、坂東本『教行信証』冒頭部に書かれている。」と記載されています。
またp486-491に親鸞の書法や特徴についての記載があります。

【資料2】『日本高僧遺墨 1』(毎日新聞社「重要文化財」委員会編集 毎日新聞社 1971)
[図]59に実物大の教行信証のカラー写真が掲載されています。p159に書の解説があります。

【資料3】『親鸞思想』(古田武彦著 富山房 1975)
口絵に6ページ分「教行信証板東本」の白黒写真が掲載されています。

そのほか、当館未所蔵資料ですが、以下のような図書があるようです。

【資料4】『顯淨土眞實教行證文類 (坂東本) 影印本』([親鸞] [著] 宗宝宗史蹟保存会監修 真宗大谷派宗務所 2005)

【資料5】『顕浄土真実教行証文類』(親鸞著 大谷派宗務所 1956)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2484135
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2484136
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2484137
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2484138
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2484139
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2484140
こちらは国立国会図書館デジタル化資料送信サービス送信館限定資料で、館内で閲覧することが出来ます。

2 『歎異抄』の蓮如写本
下記の資料に掲載されています。
【資料3】『親鸞思想』
口絵に「歎異抄蓮如本」の冒頭部と「流罪記録」の白黒写真が掲載されています。

【資料6】『歎異抄事典』(谷川理宣[ほか]編著 柏書房 1992)[p1]に、「歎異抄=蓮如本」の冒頭部と蓮如の奥書の白黒写真が掲載されています。

また当館未所蔵資料ですが、下記の資料に掲載されているようです。
【資料7】『歎異抄 上,下,解説』([親鸞述],蓮如筆 同朋舎出版部 1976)
CiNii Booksで書誌事項( https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA47596269 )を確認すると、「注記」に「西本願寺蔵, 蓮如書写本(蓮如筆, 江戸中期)の影印覆製」と記載されています。

【資料8】『歎異抄 上,下』([親鸞述] ; 蓮如上人書写 便利堂 1973)
CiNii Booksで書誌事項( https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA51820424 )を確認すると、「注記」に「西本願寺蔵, 蓮如書写本の覆製」との記載があります。

【資料9】『歎異抄影印集成』([親鸞][述] 永田文昌堂 2014)
京都の出版社法蔵館のサイト( https://pub.hozokan.co.jp/book/b532325.html )の目次「一、影印」に「『歎異抄』 本願寺所蔵蓮如上人書写本」が確認できます。
回答プロセス
(Answering process)
1 コトバンクで「教行信証」を検索。「教行信証」( https://kotobank.jp/word/%E6%95%99%E8%A1%8C%E4%BF%A1%E8%A8%BC-52555 )「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」の解説によると正式名称は「顕浄土真実教行証文類」。
また『日本古典文学大辞典 第2巻』(日本古典文学大辞典編集委員会編 岩波書店 1984)p185「教行信証」によると「親鸞の真蹟とみられるものが東本願寺に蔵され、坂東本(報恩寺本・草稿本とも)と呼ばれ」、「東本願寺蔵本は大正十一年と昭和三十一年」に「コロタイプ版の影印が刊行された」との記載あり。
また藤原智「『教行信証』における引用文について:古写経本による再検討」(『近現代『教行信証』研究検証プロジェクト研究紀要』3 号 2020.6)( https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyogyoshinsho/3/0/3_63/_article/-char/ja )p67によると、「宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌を記念し、改めて坂東本の修復、そしてカラー影印本(真宗大谷派、二〇〇五年)が作成された。」との記載がある。
2 日本十進分類法で「浄土真宗」は「188.7」なので該当の棚の【資料3】を確認。
3 『日本美術作品レファレンス事典 書跡篇1』(日外アソシエーツ 2001)p249「教行信証(坂東本)」を確認。【資料2】を発見。
4 国立国会図書館サーチを「教行信証」&「親鸞筆」で検索。『名僧の書』(石川九楊著 淡交社 2012)が該当。自館の蔵書を書名「名僧の書」で検索し、【資料1】の所収が判明したので、内容を確認した。
5 国立国会図書館サーチを「顯淨土眞實教行證文類」&「影印」で検索。【資料4】【資料5】が該当。
6 国立国会図書館サーチを「歎異抄」&「蓮如」&「影印」で検索。【資料7】が該当。
7 国立国会図書館サーチを「歎異抄」&「本願寺蔵」で検索。【資料8】、【資料9】が該当。
8 レファレンス協同データベースを「歎異抄」&「影印」で検索。福島県立図書館「『歎異抄』の原文をみたい。翻刻されたものではなく、筆で書かれた写本のようなものがよい。」( https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000262823 )が該当。【資料6】と【資料9】についての紹介あり。自館の蔵書を書名で検索したところ【資料6】の所蔵があった。
(インターネット最終アクセス:2021年2月8日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『石川九楊著作集 8』(石川九楊著 ミネルヴァ書房 2017)(0106568443)
【資料2】『日本高僧遺墨 1』(毎日新聞社「重要文化財」委員会編集 毎日新聞社 1971)(9102649764)
【資料3】『親鸞思想』(古田武彦著 富山房 1975)(9102400207)
【資料4】『顯淨土眞實教行證文類 (坂東本) 影印本』([親鸞] [著] 宗宝宗史蹟保存会監修 真宗大谷派宗務所 2005)( https://id.ndl.go.jp/bib/024249619
【資料6】『歎異抄事典』(谷川理宣[ほか]編著 柏書房 1992)(9102879970)
【資料7】『歎異抄 上,下,解説』([親鸞述],蓮如筆 同朋舎出版部 1976)( https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA47596269
【資料8】『歎異抄 上,下』([親鸞述]  蓮如上人書写 便利堂 1973)( https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA51820424
【資料9】『歎異抄影印集成』([親鸞][述],矢田了章, 林智康 編 永田文昌堂 2014)( https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025617614-00
キーワード
(Keywords)
教行信証(キョウギョウシンショウ)
顕浄土真実教行証文類(ケンジョウドシンジツキョウギョウショウモンルイ)
親鸞(シンラン)
浄土真宗(ジョウドシンシュウ)
歎異抄(タンニショウ)
蓮如(レンニョ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000295882解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!