このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2020-085
事例作成日
(Creation date)
2020年09月22日登録日時
(Registration date)
2021年03月17日 16時58分更新日時
(Last update)
2021年10月19日 11時07分
質問
(Question)
『吉野作造と近代中国』(楊憲霞著)中に「1907年3月から北洋新建陸軍督練處翻譯官に転職し」という文面がある。「督錬処」は当時中国各地にあったようだが、読み方とどういうところであったのかを知りたい。
回答
(Answer)
読みの書かれた資料を確認できなかった。関連する記述のある資料とインターネット情報を紹介した。

備考欄に追記あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈吉野作造と近代中国〉で検索する。
《北九州市立大学学術リポジトリ》( https://kitakyu.repo.nii.ac.jp/  北九州市立大学)
『吉野作造と近代中国』(楊憲霞著)( https://kitakyu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=495&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
 p1に「1907年3月から北洋新建陸軍督練處翻譯官に転職し」とあり。

2 参考図書を調べる。
『アジア歴史事典 第5巻』(平凡社編 平凡社 1960)
 p41「新軍」に督錬公所についての記述あり。読みなし。

3 《Japan Knowledge》(ネットアドバンス)を〈督練處〉〈督練処〉で検索する。

4 自館目録を〈督練處〉〈督練処〉〈中国 & NDC:39(前方一致)〉〈中国 & NDC:31(前方一致)〉で検索する。
『袁世凱と近代中国』(J.チェン著 岩波書店 1980)
 p84-85「保定の軍事行政部〔督練公所〕についての記述あり。読みなし。
『中国の軍閥』(鄭健宰著 国書刊行会 1997)
 p14-23に袁世凱の軍部再編の動きに関する記述あり。
 p18「また、袁世凱は練兵処(一九〇三年一〇月設立)と督練新軍處の要職を掌握する一方、天津にいくつかの軍事学校を作った。」とあり。

5 《国立国会図書館デジタルコレクション》( https://dl.ndl.go.jp/  国立国会図書館)を〈督練處〉〈督練処〉〈袁世凱〉で検索する。
《国立国会図書館デジタルコレクション》『金陵勝観』(杉江房造編 日本堂書店 明43.6)
 「一九 督練公所」の項( https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766950  国立国会図書館)25コマ 国立国会図書館/インターネット公開
  督練公所についての記述あり。読みなし。
《国立国会図書館デジタルコレクション》「袁世凱について知りたい。」(近畿大学中央図書館  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136975
 参考文献あり。

6 5の情報の参考文献『中国近代軍閥の研究』(波多野善大著 河出書房新社 1973)を調べる。

7 《Google》を〈督錬 & 吉野〉〈督練処〉〈督練公所〉で検索する。
《お茶の水女子大学教育・研究成果コレクション》( https://teapot.lib.ocha.ac.jp/?page=1&size=20&sort=createdate&search_type=0&q=0  お茶の水女子大学)
星加美沙子著「江蘇好男よ、応徴せよ!」(『お茶の水史学 58号』p1-39 お茶の水女子大学 2015.3  https://teapot.lib.ocha.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=33920&file_id=21&file_no=1
 p10に督練公所についての記述あり。読みなし。
《新潟県立大学学術リポジトリ》( https://unii.repo.nii.ac.jp/  新潟大学)
 後藤岩菜著「天津の文化、及びその背景を知るための基礎的研究(2)」(『国際地域研究論集(5)2014-03』p229-248 国際地域研究学会 2014.3  https://unii.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=158&file_id=20&file_no=1
 小站練兵の由来に新建陸軍督練処についての記述あり。読みなし。

〈その他調査済み資料〉
『中国歴史文化事典』(孟慶遠〔ほか〕編著 小島晋治〔ほか〕訳 新潮社 1998)
『吉野作造と中国』(尾崎護著 中央公論新社 2008)
『吉野作造』(松本三之介著 東京大学出版会 2008)
『覇王と革命 中国軍閥史一九一五-二八』(杉山祐之著 白水社 2012)
『新図説中国近現代史 日中新時代の見取図』(田中仁〔ほか〕著 法律文化社 2020)
『図説中国近現代史』(池田誠〔ほか〕著 法律文化社 2009)
『中国近代史』(蒋廷黻著 佐藤公彦訳 東京外国語大学出版会 2012)
『中国の強国構想 日清戦争後から現代まで』(劉傑著 筑摩書房 2013)
『袁世凱 現代中国の出発』(岡本隆司著 岩波書店 2015)
『中国軍閥の興亡 その形成発展と盛衰滅亡』(来新夏編著 岩崎富久男訳 光風社出版 1989)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2020年9月29日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
中国-歴史-清時代
軍閥-中国-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
追記(2021/10/19)

レファレンス協同データベースサポーターの方から情報提供があった。

以下の情報に読み方あり。

《聞蔵IIビジュアル》(朝日新聞社)
 『朝日新聞 1907年6月19日 東京 朝刊 2面』
  3段に「満州督錬處長官着任」に「とくれんしょ」のルビあり。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
歴史
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000295339解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!