このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-576
事例作成日
(Creation date)
2020年11月05日登録日時
(Registration date)
2021年03月12日 14時57分更新日時
(Last update)
2021年05月12日 15時31分
質問
(Question)
京都市中京区にある衣棚町(ころものたなちょう)の町名の由来が知りたい。「和装業が盛んだったから」と聞いているが、由来について記された資料はあるか。
回答
(Answer)
『京都市の地名(日本歴史地名大系;27)』(①)のpp.525-526に、衣棚町も含まれる衣棚通について解説が掲載されている。その説明の中で、宝暦12年(1762)刊『京町鑑』に、袈裟衣商の店が多くあったために「衣店」と呼ばれ、その後「店」の字が「棚」に変わったという由来が書かれていることが紹介されている。
同様のことが『京都地名語源辞典』(②)p.244、『京都の大路小路(ビジュアル・ワイド)』(③)p.54にも書かれている。

『京町鑑』の翻刻(活字に直したもの)は『新修京都叢書,第3巻』(④)に掲載されており、衣棚通についての記述はp.203にある。

当館で『京町鑑』(⑤)の版本も所蔵している。当館の資料・デジタル画像検索システム「京の記憶アーカイブ」で画像を公開しており、以下から閲覧できる。
http://www.archives.kyoto.jp/websearchpe/detail?cls=152_old_books_catalog&pkey=0000000987
衣棚通については以下のページに記載されており、「袈裟衣商ふ店(たな)多く有によって衣店といふ。然るにいつの頃よりか店を棚に書かへたり」とある。
http://www.archives.kyoto.jp/websearchpe/mediaDetail?cls=152_old_books_catalog&pkey=0000000987&lCls=150_media_old_books&lPkey=0000118402&detaillnkIdx=1

【webページの最終確認日:2021-03-14】
回答プロセス
(Answering process)
京都の地名に関する辞典『京都市の地名(日本歴史地名大系;27)』(①)、『京都地名語源辞典』(②)や、通りについての資料『京都の大路小路(ビジュアル・ワイド)』(③)を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
①『京都市の地名(日本歴史地名大系;27)』平凡社 1979
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I065244816-00  (当館請求記号:K1||291.62||H51||)
②『京都地名語源辞典』吉田金彦,糸井通浩,綱本逸雄編 東京堂出版 2013
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024923830-00 , ISBN 9784490108415 (当館請求記号:K0||291.62||Y86||)
③『京都の大路小路 (ビジュアル・ワイド)』日本アート・センター編集 小学館 2003
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I002148601-00 , ISBN 4096815616 (当館請求記号:K1||291.62||Ky6||)
④『新修京都叢書 3』野間光辰編 臨川書店 1969
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I052637652-00 , ISBN 9784653025993 (当館請求記号:K0||291.62||Sh69||3)
キーワード
(Keywords)
衣棚町
衣棚通
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000295173解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!