このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001048468
事例作成日
(Creation date)
2021/02/06登録日時
(Registration date)
2021年03月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年03月09日 00時30分
質問
(Question)
江戸から明治初期における大阪での印刷業について知りたい。
回答
(Answer)
江戸から明治初期における大阪での印刷業については、次の資料に記述がある。

■『大阪印刷百年史 本史』(大阪印刷百年史刊行会/編 大阪府印刷工業組合 1984.3)
明治期までの記述のある主な箇所は次のとおり。

・第一部「印刷文化史」(p.75-266)
 >第三編「近世大阪印刷史」(p.168-205)
・第二部「大阪印刷業界発達史」(p.267-342)
 >第一章「明治時代」(p.268-297)
・第三部「大阪印刷組合史」(p.343-516)
 >第一章「組合組織の黎明期(明治時代)」(p.344-355)
・第四部「大阪印刷運動史」(p.517-595)
 >第三編「労働運動史」(p.562-595)
 >>第一章「明治期」(p.562-568)
・第五部「大阪印刷関連業界史」(p.597-672)
 >第一編「活字業界略史」(p.598-628)
 >>第一章「明治期から終戦までの活字業界」(p.598-608)

『大阪印刷百年史 本史』は書名に「印刷」とあり、印刷に焦点を当てているが、この時期については、「印刷業」と出版業や書店の区別を明確にすることは難しいようである。

・中嶋隆「板本時代の<写本>とは何か:板本の諸相」『国文学』42(11)<618>(学燈社 1997.9)p.49-53
「書肆が整版印刷を始め、板木を売買するようになる寛永期から」(p.49)といった記述がある。

そのため、「印刷業」に限定せず、大阪の出版に関連する文献も紹介する。

■『上方の出版と文化』(湯川松次郎/著 上方出版文化会 1960.4)
p.141-242「大阪の出版を中心にした日本の出版事情」など

■『上方の研究 第4巻』(宮本又次/編著 清文堂出版 1976)
p.145-174「大阪の出版業と出版文化の変遷」

■『大阪府史 第6巻』(大阪府史編集専門委員会/編集 大阪府 1987.3)
p.713-796「第六章 幕藩体制の動揺 第四節 大坂の学問・思想及び出版」のp.768-796「7 出版」

なお、出版における江戸と大阪の比較については、次の資料に記述がある。

■『国史大辞典 7』 (国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1986.11)
p.389「出版」の項目に次の記述がある。
「出版事業は特に京都を中心として発展し、寛永期には明瞭に出版業といった業種がはじめて定着している。<中略>寛文期には大坂にも出版業が定着し、前後して江戸でも活発化し、以後近世を通じてこの三都が出版の中心となり、元禄期には京に二百軒、大坂でも二十軒以上の版元が活動し、私的な組合のごときものも作られた。<中略>仲間結成以後の三都の出版状況の大勢は京都の凋落ぶりと、それに対する江戸・大坂の躍進ぶりが目立つ」

■『江戸町人の研究 第3巻』(西山松之助/編 吉川弘文館 1974.1)
今田洋三「江戸の出版資本」(p.109-195)のp.192に次のような記述がある。
「田沼時代は上方出版業に対して江戸出版業が主体的な地位を確保した時期であった。江戸出版業は田沼時代における江戸商業資本の発展を背景に、一七五〇年代以降の封建的矛盾の激化現象の文化現象への反映=批判的市民的知識層の形成と結びついて画期的発展を示した。<中略>寛政以後の出版界は江戸を中心に展開することとなった。」

また、次の資料には、出版・印刷業界の中の分野ごとの位置づけについての記述がある。

●『弥吉光長著作集 第3巻 江戸時代の出版と人』(弥吉光長/著 日外アソシエーツ 1980.9)
「日本の出版史の素描 五 江戸時代の出版業」の「出版数の増加」(p.48-49)に「江戸時代の出版物は多種多様で種類を挙げることもできないが、仏書は寺院内や門前町で、漢学書・医書・歌書・国文の類は門前その他の物之本屋で印刷し販売した。庶民の楽しむ文芸・錦絵の類は絵草紙屋と称する店で彫版販売し、一段低くみられていた。」とある。(p.49)

[事例作成日:2021年2月6日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023 10版)
参考資料
(Reference materials)
大阪印刷百年史 本史 大阪印刷百年史刊行会∥編 大阪府印刷工業組合 1984.3 (168-205、268-297、344-355、562-568、598-608)
上方の出版と文化 湯川/松次郎∥著 上方出版文化会 1960.4 (141-242)
上方の研究 第4巻 宮本/又次∥編著 清文堂出版 1976 (145-174)
大阪府史 第6巻 大阪府史編集専門委員会∥編集 大阪府 1987 (768-796)
国史大辞典 7 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1986.11 (389)
江戸町人の研究 第3巻 西山/松之助∥編 吉川弘文館 1976 (192)
弥吉光長著作集 第3巻 弥吉/光長∥著 日外アソシエーツ 1980.9 (49)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000294851解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!