このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2020-0016
事例作成日
(Creation date)
2020年11月28日登録日時
(Registration date)
2021年03月08日 15時04分更新日時
(Last update)
2021年03月08日 17時03分
質問
(Question)
「満月の時は出産しやすい」というが本当か。
回答
(Answer)
満月時に出産が多くなるとする説もありますし、関係ないとする説もあります。
【資料1】『月の誘惑 私たちはそれと気づかず心も体も月に操られている』(志賀勝著 はまの出版 1997)p67
 「メナカーらは、ニューヨークでの50万以上の出産例により、出産は満月の直後に最多で新月に最少となり」<出典>Menaker, W., ‘Lunar Periodicity with Reference to live Births,’ American Journal of Obstetrics and Gynecology 98 (1967)
【資料2】『月の魔力』(A.L.リーバー著 東京書籍 1996)p82
 「1966年、ロバート・マクドナルドは、『遺伝心理学会報』に満月と新月のときに有意な差で出産が多いと報告した」<出典>McDonald, R. L., ‘Lunar and Seasonal Variations in Obsteric Factors,’ Journal of Genetic Psychology 108 (1966)
 巻末には、訳者である藤原正彦による研究報告「出産における月のリズム」が収録されており、新月と満月の1日前と3日後に出産のピークがある、としている。
【資料4】「月の満ち欠けは陣痛、出産と関係があるか にしじまクリニックブログ」
 以下の海外の論文を引き合いに、「月とお産は関係なし」と結論している。
・Ong S, et al. J Obstet Gynaecol. 1998 Nov; 18(6): 538-9
・Lagana AS, et al. Kathmandu Univ Med J (KUMJ). 2014 Oct-Dec; 12(48): 233-7
・Arliss JM, et al. Am J Obstet Gynecol. 2005 May; 192(5): 1462-4
・Staboulidou I, et al. Acts Obstet Gynecol Scand. 2008; 87(8): 875-9
・Law SP. Acta Obstet Gynecol Scand. 1986; 65(1): 45-8
・Friedmann E. Am J Obstet Gynecol. 1981 Jun 1; 140(3): 350
【資料5】「「満月の日に出産が多い」は本当? 月の満ち欠けと陣痛間隔アプリ『陣痛きたかも』のDAUの相関」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000031718.html
 東京大学大学院農学生命科学研究科「月の満ち欠けがウシの出産に影響を与える ホルスタインの出産は満月に近づく頃に増える」(2016年9月1日)という論文を紹介している。一方で人間については、誤差の範囲内であると結論している。
【資料6】菊地美帆ほか「自然現象が分娩開始に及ぼす影響」『新潟県立看護大学紀要 2号』(新潟県立看護大学 2013.2)p23-27
 結論として、「月齢と自然陣痛発来数・前期破水数に統計学的に優位な差は認められなかった」とある。
回答プロセス
(Answering process)
「レファレンス協同データベース」を「満月 出産」で検索する。
⇒「潮の満ち干が人の生死と関係する、というのはいつ頃誰が発見したのか。」がヒットする。紹介されている資料2点(【資料1】【資料2】)を確認する。

「国立国会図書館オンライン」( https://ndlonline.ndl.go.jp/ )で「キーワード:満月 出産」で検索する。
【資料3】『月の不可思議学』(竹内均編 同文書院 1993)がヒットし、上記【資料2】を紹介している(p166)。
同様に「キーワード:満月 分娩」で検索する。
・臼井有紀ほか「豚の分娩と月齢(満月)との関係について」(『養豚の友』420号 日本畜産振興会 2004.3)p54-57本文未確認
同様に「キーワード:月齢 出産」で検索する。
・渡邊厚子「月齢と出産日の関係」(『日本看護学会論文集 母性看護』通号29 日本看護協会看護研修学校教育研究部 1998)p42-44本文未確認

「CiNii」( https://ci.nii.ac.jp/ )で「フリーワード:満月 分娩」で検索する。
・野口あけみほか「O1-102 満月の日にお産が多いと誤認されている理由(分娩1,一般口演)」(『母性衛生』日本母性衛生学会 2012.11)本文未確認

「Google」で「満月 出産」で検索する。
【資料4】【資料5】のサイトがヒットした。
同様に「月齢 分娩」で検索する。
【資料6】がヒットした。

他に以下の棚をブラウジングしたが、資料は見つけられなかった。
「出産(民俗)」(385.2)、「出産(産科学)」(4950.7)、「出産(家庭衛生)」(598.2)

(インターネット最終アクセス:2021年2月10日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 9版)
月  (446 9版)
婦人科学.産科学  (495 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『月の誘惑 私たちはそれと気づかず心も体も月に操られている』(志賀勝著 はまの出版 1997)(1101567561)
【資料2】『月の魔力』(A.L.リーバー著 東京書籍 1996)(2100102419)
【資料3】『月の不可思議学』(竹内均編 同文書院 1993)(9103070026)
【資料4】「月の満ち欠けは陣痛、出産と関係があるか にしじまクリニックブログ」( https://nishijima-clinic.or.jp/blog/2020/03/30/
【資料5】「「満月の日に出産が多い」は本当? 月の満ち欠けと陣痛間隔アプリ『陣痛きたかも』のDAUの相関」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000031718.html
【資料6】菊地美帆ほか「自然現象が分娩開始に及ぼす影響」(『新潟県立看護大学紀要』2号 2013.2)p23-27( http://hdl.handle.net/10631/1057
キーワード
(Keywords)
満月(マンゲツ)
出産(シュッサン)
分娩(ブンベン)
月(ツキ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000294834解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!