このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000029467
事例作成日
(Creation date)
2019年10月24日登録日時
(Registration date)
2021年03月07日 15時22分更新日時
(Last update)
2021年03月07日 15時30分
質問
(Question)
和食器はなぜ5客セットで売られているのか。
洋食器は6客で1セットになっている。五行思想と関係はあるのか。
回答
(Answer)
陰陽五行説と関係があるのかはわからなかった。インターネット情報を見ても、陰陽五行説も含め、いくつかの説があるようだ。
『数の不思議・色の謎』(北沢方邦著 広済堂出版 1993年)には、聖数の5に由来することと日本神話に基づく説の記述があった。
回答プロセス
(Answering process)
1.和食器についてかかれている本を調査
 ・『和食器のきほん』(当館資料番号 0107169369)→「和食器は5枚揃えで購入される方も・・・」との記述があるが、理由等の記載はなし。
 ・『食具』(当館資料番号 0103877932)→箸やフォークなど、手に持つ方の食器について。数についてはなし。

2.インターネットで「食器 5客 なぜ」で検索。
 ・サイト名「うつわやさん」 https://utsuwayasan.net/
 「なぜ食器は5客セットで販売されているのでしょうか?【うつわ選びの基礎知識4】」 https://utsuwayasan.net/?p=261 というページで、 
→(1)茶道(茶会席)用の器は「5客1組」だったから
 (2)陰陽思想で奇数がめでたい数字と言われたから
 (3)陶器は結婚式で使われることが多く「4」や「6」は「割り切れる」のでよくないとされた
 (4)ギフト用に業者の考えで「5客1組」が定着した

 ・googlebooksで「食器 5客 なぜ」で検索。『知っているようで知らない「数字」の雑学』(日本博学倶楽部/著 PHP)
  →陰陽五行説に基づき、奇数を縁起のいい数と考える風習が根付いていた。異説では、『古事記』に語られるエピソードに由来して、稲穂などを象徴する5人の神にちなんで、稲穂、つまり食べ物を盛る器の数を5枚としているともいわれる。

 ・その他、個人のブログ等で、「割れても困らないように一枚予備で五枚」「十進法で五は値段も分かりやすいし計算もラク」「北沢方邦の著書によると日本では古来から3、5を聖数としていた」などの記述があった。

3.自館システムで著者「北沢方邦」を検索すると、『数の不思議・色の謎:日本文化の記号を読み解く』(北沢方邦著 広済堂出版 1993年)がヒット。和食器はなぜ5客かについて書かれた項目があった。

4.陰陽五行説に関する本を調査。『カミナリさまはなぜヘソをねらうのか』(吉野裕子著 サンマーク出版 2000年)などを見るが、和食器5客についての記述は見つけられなかった。

5.雑学の本をブラウジングするが、関連の記述は見つけられなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 10版)
数学  (410 10版)
参考資料
(Reference materials)
北沢方邦 著 , 北沢, 方邦, 1929-. 数の不思議・色の謎 : 日本文化の記号を読み解く. 広済堂出版, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002318002-00 , ISBN 4331504166 (pp.16-25)
キーワード
(Keywords)
食器
数字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000294820解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!