このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2020-55
事例作成日
(Creation date)
2021年02月17日登録日時
(Registration date)
2021年02月24日 16時20分更新日時
(Last update)
2021年05月16日 16時10分
質問
(Question)
伊予松山藩の郡村は幾つあるか。
各郡の郡奉行、代官の一覧、その人達の詳しい経歴等が知りたい。
回答
(Answer)
1 【資料1】p681~726に1980年当時の郡市別に「行政区画変遷・石高一覧」があり、「伊予国村浦記」、「天保郷帳」には、藩名がわかる村の名前の一覧がある。その資料の村の数を数えると、次のとおり。ただし、「○○村」でなく、「○○分」も一覧に出ているものは、含めて数えている。
(1)「伊予国村浦記」(1700年)
 周桑郡25 東予市25 越智郡41 今治市14 北条市59 温泉郡30 松山市106 上浮穴郡19
 伊予郡13  合計332
(2)「天保郷帳」(1834年)
 周桑郡25 東予市15 越智郡39 今治市8 北条市59 温泉郡30 松山市106 上浮穴郡19
 伊予郡13  合計314

2 【資料2】p34-38に史料紹介「近世末期松山藩領における郷名・村名一覧」(柚山俊夫)があり、1869年から1871年までに作成されたと見られる資料が紹介されている。その資料の村の数の記載を抜き出すと、次のとおりで、合計すると313。
 温泉郡35 久米郡31 浮穴郡43 伊予郡19 和気郡22 風早郡78 野間郡28 越智郡16 桑村郡17 周布郡24

3 各郡の郡奉行、代官の一覧、そしてその人達の詳しい経歴等がわかる資料については、わからない。一覧してわかる資料は、ないものと思われる。歴史に詳しい伊予史談会役員に聞いたところによると、明治初期に松山藩邸に火事があった関係で、松山藩の史料は残っているものが少ないのではないか、とのこと。この松山藩邸の火事については、【資料3】p280に「明治3年閏10月25日 松山城内三の丸の松山藩庁焼失、藩庁を二の丸に移転する[叢談]。」との記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『愛媛県の地名』 平凡社 1980 <当館請求記号:K290-54>
【資料2】『伊予史談 354号』 伊予史談会 2009.7 <当館請求記号:K200-1>
【資料3】『愛媛県史 年表』 愛媛県 1989 <当館請求記号:K200-31>
キーワード
(Keywords)
伊予松山藩
郡村
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000294111解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!