このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-096
事例作成日
(Creation date)
2020年12月13日登録日時
(Registration date)
2021年02月19日 17時59分更新日時
(Last update)
2021年02月27日 10時26分
質問
(Question)
現在の山梨県にあたる地域から出て志久見郷(現在の長野県下水内郡栄村)を支配していたという市川(市河)氏の家紋を知りたい。
回答
(Answer)
 参考資料1のp235には左(向き)三つ巴の図が掲載されている。
 同書p243には市河氏は上杉氏の米沢、会津への移封に従い米沢へ移住し、米沢上杉藩士の記録である『米府鹿子』(べいふかのこ)の「市川氏」の項に「滋野氏・本領信濃」で、家紋が「三つ巴」と記載されている、とある。
 国立国会図書館デジタルコレクションでは、『米府鹿子』第1巻(インターネット公開資料  https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2562336 )がインターネット公開されており、55コマで市川氏を「本国信濃紋所三ツ巴」とあるものが閲覧できる。(参考資料2)
回答プロセス
(Answering process)
1 『長野県姓氏歴史人物大辞典』 角川書店 1996年 当館請求記号【N288/158】を確認。p667に「市川・市河 いちかわ」の項がある。「一 中世初期から奥信濃を本拠にした豪族の市河氏がある。出自は藤原氏。本貫の地は甲斐市川で」、「高井郡志久見郷(栄村)を本拠」とあり、このことを指すと思われる。また武田家に属した後、武田氏滅亡後は上杉家に属し、上杉家の会津転封に従ったという記載がある。
 同書巻末には資料編として「長野県の家紋」があるが、こちらからはわからない。

2 上記の記述から市河氏や中世の武士に関する資料を検索して確認。
 参考資料1に該当の記載がある。
 また、その記述をもとに国立国会図書館デジタルコレクションを確認。(向きに関する記述はない。)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288)
参考資料
(Reference materials)
田中豊茂編著 , 田中, 豊茂. 信濃中世武家伝 : 信濃武士の家紋と興亡. 信濃毎日新聞社, 2016.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I008823672-00 , ISBN 9784784072989 (参考資料1)
日雄 , 日雄. 米府鹿子 5巻 [1]. 光彰山清玄写, 1846.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001285399-00  (参考資料2)
キーワード
(Keywords)
家紋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000294011解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!