このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
201545
事例作成日
(Creation date)
20201005登録日時
(Registration date)
2021年02月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年02月27日 11時41分
質問
(Question)
勝屋勘右衛門茂為に関する資料はありますか。
回答
(Answer)
次の資料に記載がありました。
 (1)『佐賀藩の総合研究 正』 藤野 保/編 吉川弘文館 1981
  p.646 第40表 「寛永13(1636)年の上級家臣団とその主たる知行地」 17 (勝屋)勝屋勘右衛門茂為 物成高:1000石、知行地:養父、三根

 (2)『佐賀県近世史料 第8編 第1巻』 佐賀県立図書館/編 2005
  p.27 「葉隠聞書校補 引出」 カノ部 第四 345 御年寄 勝屋勘右衛門茂為 子孫、分家
  p.123 「葉隠聞書校補 首巻」 鹿島家之儀、元祖和泉守直朝殿ハ勝茂公第五子也。母高源院殿、元和8(1622)年正月廿一日於三丸出生、勝屋勘右衛門茂為養子と成、寛永12(1635)年茂為死去ニ付~(略)。
  p.345 「葉隠聞書校補 三」 勝屋勘右衛門茂為の記載数か所あり。
  p.487 「葉隠聞書校補 五」 勝屋新右衛門利重、下村八郎右衛門利充次男にして、勝屋勘右衛門茂為之養子と成、延宝7(1679)年7月15日死、法名心源宗徹、其外四巻目勘右衛門茂為之所に詳なり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
(3)『鹿島藩三代藩主鍋島直朝の生涯』 峰松 正輝/著 2014 P1
勝屋家(茂為)は寛永5(1628)年の佐賀藩上級家臣の中では17位に位置し、知行二千石の極めて重要な立場にいる。しかし、寛永12(1635)年勝茂の娘「伝高院(お市・上杉定勝の妻)}の死に際して殉死し、寛永19(1642)年の上級家臣団25位内から消える。直朝の鹿島入りには、勝茂は24人の家臣の内、勘右衛門の弟伊右衛門弘安・勘右衛門の嫡子弘宣を選んで直朝に随った。これが鹿島勝屋家の始祖である。
NDC
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
(1)藤野保 編 , 藤野, 保, 1927-2018. 佐賀藩の総合研究 : 藩制の成立と構造. 吉川弘文館, 1981.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001493990-00
(2)佐賀県立図書館 編 , 佐賀県立図書館. 佐賀県近世史料 第8編 第1巻. 佐賀県立図書館, 2005.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007729552-00
(3)峰松 正輝/著. 鹿島藩三代藩主鍋島直朝の生涯. 2014.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I070855238-00
キーワード
(Keywords)
勝屋勘右衛門茂為
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000293558解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!