このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000201550
事例作成日
(Creation date)
20201106登録日時
(Registration date)
2021年02月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年02月27日 10時16分
質問
(Question)
「こんこんやまのうさぎが~」で始まる佐賀のわらべうたについて、①佐賀のどの地域のうたか ②誰から採録されたのか知りたい。
回答
(Answer)
1.「佐賀のどの地域のうたか」については、次の資料に記載がありました。
 (1)『佐賀のわらべうた』 坂根厳夫、福岡博、平田悦朗/編 音楽之友社 1960
  p.58 歌詞:「こんこん小山の子兎は~(略)」。
  p.59 「小山の子うさぎ(子守うた)」 楽譜あり。解説:これは、今から40年ほど前の古い唐津の子守うたです。母親が子供に抱く愛情を、子兎と母親の愛情に託してうたったものでしょう。同じように子兎の子守うたは、壱岐や岡山にも残っています。
 
(2)『日本わらべ歌全集 24 佐賀長崎のわらべ歌』 福岡 博ほか/著 浅野建二ほか/監修 柳原書店 1982
  p.90 歌詞:「小山の子うさぎ(兎)」 こんこん小山の 子うさぎは ~(略)。 子守歌としてもうたわれていた。童謡「赤い鳥小鳥」と歌の発想がよく似ている。
  p.91 楽譜あり。唐津市。採譜:陶山 聡。
 
(3)『わらべうた 日本の伝承童謡』 町田 嘉章/編 浅野 建二/編 岩波書店 1979
  p.116 歌詞:「小山の子兎(遊ばせ唄) 佐賀」 こんこん小山の子兎は ~(略)。 解説:唐津地方の古い子守唄。母親が子供に抱く愛情を、子兎と母兎の愛情に託して歌ったもので、古く行智編「童謡集」に「ころころやまのうさぎは、なぜにお耳がなご御ざる~(略)とある他、同種の子守唄は殆ど全国に遺存する。→「赤い山青い山」(P89)」
  p.117 楽譜あり。

2.「誰から採録されたのか」については、次の資料に記載がありました。
 (2)『日本わらべ歌全集 24 佐賀長崎のわらべ歌』 福岡 博ほか/著 浅野建二ほか/監修 柳原書店 1982
  p.91 採譜:陶山 聡
  p.300 白井 はま(明治42(1909)年 唐津市水主町)、昭和31(1956)年 「小山の子うさぎ」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388)
参考資料
(Reference materials)
(1)坂根厳夫, 福岡博, 平田悦朗 編 , 坂根, 厳夫, 1930- , 福岡, 博, 1931-2013 , 平田, 悦朗, 1932-. 佐賀のわらべうた. 音楽之友社, 1960.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001016660-00
(2)日本わらべ歌全集 24. 柳原書店, 1982.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001623552-00 , ISBN 4840900248
(3)町田嘉章, 浅野建二 編 , 町田, 嘉章, 1888-1981 , 浅野, 建二, 1915-. わらべうた : 日本の伝承童謡. 岩波書店, 1962. (岩波文庫)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001028174-00
キーワード
(Keywords)
こんこんやまのこうさぎ
わらべうた
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000293530解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!