このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢所分-2020-010
事例作成日
(Creation date)
2018/04/24登録日時
(Registration date)
2021年02月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年02月04日 11時23分
質問
(Question)
「悲田処(ひでんしょ)」について書かれている本はないか
回答
(Answer)
 悲田処が設置された場所は、多磨・入間両郡を貫く東山道武蔵路周辺と考えられており、具体的には、所沢市久米説・東村山市諏訪町説・同秋津町説・清瀬市野塩説など諸説あるが、いずれも決め手を欠いているのが現状である。(参考資料:『ところざわ歴史物語』 所沢市教育委員会/編 2020年)
 
以下の資料に記載があります。
 〇『所沢史話』 内野弘/著 所沢市教育委員会 1974年
 〇『東村山市史 1』 東村山市史編さん委員会/編集 東京都東村山市 2002年
 〇『久米の歴史』 久米の歴史を綴る会/編 久米の歴史を綴る会 2015年
 〇『続日本後紀 上』 [藤原良房/撰] 講談社 2010年
 〇『ふるさと所沢』 所沢市役所企画部企画課広報係 1969年
 〇『所沢市史 上』 所沢市史編さん委員会/編 1991年
 〇『ところざわ歴史物語』 所沢市教育委員会/編 2020年
 〇『清瀬市史』 清瀬市/編集 2020年
 〇『埼玉史談 2』 埼玉県郷土文化会 編 国書刊行会 1972年
 〇『ふるさと久米 今と昔』 平塚義角/著 所沢郷土美術館 1985年
回答プロセス
(Answering process)
1所蔵資料の内容確認 
 〇『所沢史話』 内野弘/著 所沢市教育委員会 1974年
  p.27~33 「武蔵国悲田処跡」
  p.27~28 「武蔵の国府からの申し出によると武蔵国は管内が大変広い上に、交通路に難儀な場所が多く公用や私用で旅をする人々の中に、飢や病で苦しむ者が多い。そこで多磨・入間両群の境に悲田処を置き、五軒の家を建て、国府の役人六人が各々給料の一部を出し合い、その利息で食糧などを、いつも備えて置きたいとのことである。」との記載あり。
 〇『東村山市史 1』 東村山市史編さん委員会/編集 東京都東村山市 2002年
  p.343~345 「旧東山道と悲田処」
  p.343 「武蔵国府は、広大な管轄地域の交通について、行路が「多難」であるばかりか、公私の旅行者に飢餓者や病人が数多く出るため、多摩・入間の群界に「屋五宇」を建ててこれを悲田処とし、武蔵介以下小目以上の公廨(俸給稲)を割いて出挙を行い、その利息によってこれを運営したい旨を請い、これを許されている」との記載あり。
 〇『久米の歴史』 久米の歴史を綴る会/編 久米の歴史を綴る会 2015年
  p.4 「(2)悲田処の伝説」
  「悲田処は9世紀前半に、武蔵国司らの中央政府への請願によって多摩・入間両群の境に置かれ、10世紀前半の時点まで存続していたことが、文献によって確認できる施設でした。その目的は飢えや病に難儀する旅行者の救済にありました。悲田処が設置された場所は、多摩・入間郡を貫く東村山武蔵路周辺と考えらており、具体的には所沢久米説・東村山市諏訪町説・同秋津町説・清瀬市野塩説など諸説ありますが、いずれも決め手を欠いているのが現状です。久米の「悲田処跡公園」は、元市指定史跡でしたが、後に解除されました。」との記載あり。
 〇『続日本後紀 上』 [藤原良房/撰] 講談社 2010年
  p.50-51 「○丁酉(十一日)」の条
  「武蔵国が次のように言上した。武蔵国は管内が広く、国内を旅行するに際し困難が多く、公私の旅行で多磨・入間両郡の郡境に悲田処を置き、五軒の屋舎を建て、介従五位下当宗宿禰家主以下、少目従七位上大丘秋主以上の六人がそれぞれの公廨(俸禄)を割いて、食糧の原資とすることを企画しました。割いた公廨分は帳簿に登載して出挙(利息付貸付)し、その利息を充用することとし、以後は後任の国司が引き継ぎ、他用は認めないようにしたいと思います。上言は許可された。」との記載あり。
  p.53に上記記載部分の原文あり
 〇『ふるさと所沢』 所沢市役所企画部企画課広報係 1969年
  p.11 「武蔵国悲田処跡」の項目に上記の『続日本後記』から引用した説明の記載あり。
 
2後日調査の追加事項
 〇『所沢市史 上』 所沢市史編さん委員会/編 1991年
  p.282~285 「悲田処」「悲田処の位置」「竹の花悲田処跡説」の項目あり。
 〇『ところざわ歴史物語』 所沢市教育委員会/編 2020年
  p.13 「トピックス悲田処」の項目あり。
 〇『清瀬市史』 清瀬市/編集 2020年
  p.3~44 「第一章 悲田処をめぐって」の項目あり。
 〇『埼玉史談 2』 埼玉県郷土文化会 編 国書刊行会 1972年
  p.305~316 「多摩・入間兩群界の悲田処」の項目あり。
 〇『ふるさと久米 今と昔』 平塚義角/著 所沢郷土美術館 1985年
  p.69~75 「一 悲田処について」の項目あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
所沢史話 内野弘/著 所沢市教育委員会 1974.3 213.4
東村山市史 1 東村山市史編さん委員会/編集 東京都東村山市 2002.3 213.65
久米の歴史 久米の歴史を綴る会/編 久米の歴史を綴る会 2015.11 213.4
続日本後紀 上 [藤原良房/撰] 講談社 2010.9 210.36 978-4-06-292014-8
ふるさと所沢 所沢市役所企画部企画課広報係 1969 213.4
所沢市史 上 所沢市史編さん委員会/編 所沢市 1991 213.4
ところざわ歴史物語 所沢市教育委員会/編 所沢市教育委員会 2020.11 213.4
清瀬市史 清瀬市/編集 清瀬市 2020.3 213.65
埼玉史談 2 埼玉県郷土文化会 編 国書刊行会 1972 K005
ふるさと久米 今と昔 平塚義角/著 所沢郷土美術館 1985.1 213.4
キーワード
(Keywords)
悲田処
東山道
武蔵路
所沢市
久米
東村山市
諏訪町
秋津町
清瀬市
野塩
武蔵国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000293416解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!