このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-200008
事例作成日
(Creation date)
2020年07月22日登録日時
(Registration date)
2021年01月28日 16時13分更新日時
(Last update)
2021年02月16日 11時41分
質問
(Question)
奈良時代における天然痘や地震の発生状況について知りたい。
回答
(Answer)
天然痘の状況について
・『疫病の時代』坂井シヅ編 大修館書店 1999
p.91~118「天然痘,その流行と終焉」中、p.94~95に「わが国における流行」として、「わが国の史書に天然痘の流行が始めて記載されたのは、『続日本紀』の天平七年(七三五)の条である」こと、「当時天然痘は「豌痘瘡」あるいは「裳瘡」とかいて、これを「わんずがさ」あるいは「もかさ」とよんでいた」こと、「その二年後の天平九年(七三七)にも、再度の流行に見舞われた」との記述があります。

・『薬学史事典』日本薬史学会編 薬事日報社 2016
「各論4 歴史に現われた主な疾病」中、p.105「奈良時代(710~793年)」に「日本で最も古く735~737年(天平7~天平9)に流行した疾病は痘瘡(天然痘)で、790年(延暦9)にも流行した。当時、衣の裳裾を引くように流行したので、裳瘡と言われた」との記述があります。

・『日本疾病史』富士川游著 平凡社 1969
p.93~166に「痘瘡」の章があります。p.101~111が「疫史」となっており、奈良時代の痘瘡の流行についても書かれています。p.106に「国史に明記せられたる所に拠りて、天平七年の痘瘡流行を第一次とし、爾後、痘瘡の流行を致せる年次を挙ぐれば左の如し」とあり、p.107~111に年表があります。奈良時代では3件挙げられています。

・菫科「奈良時代前後における疫病流行の研究 『続日本紀』に見る疫病関連記事を中心に」『東アジア文化交渉研究』3巻 p.489-509 2010
p.500~503に「表3  『続日本紀』から見る奈良時代前後における疫病流行一覧表」があります。
こちらの資料は関西大学学術リポジトリにて公開されています。
http://hdl.handle.net/10112/3051

地震の状況について
・『理科年表 2020(机上版)』国立天文台編 丸善出版 2019
p.772~805に「日本付近の主な被害地震年代表」があり、奈良時代(710~794)のものは
5件挙げられています。

・『日本被害地震総覧 599-2012』宇佐美龍夫ほか著 東京大学出版会 2013
こちらには奈良時代に起きた地震が6件(内1点がナンバリングされていません)挙げられています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
地震学  (453)
医学  (490)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
天然痘
地震
奈良時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000293091解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!