このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
0000001847
事例作成日
(Creation date)
2020年08月19日登録日時
(Registration date)
2021年01月26日 12時03分更新日時
(Last update)
2021年01月26日 12時05分
質問
(Question)
福井県出身の溝江八男太という人物の没年を調べています。デジタルアーカイブ福井では没年月日が未詳となっています。地元の新聞などに訃報などがありませんでしょうか。
回答
(Answer)
溝江八男太の没年は確認できませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
『広辞苑はなぜ生まれたか』(新村恭∥著 世界思想社 2017年)p175 
・・・昭和37年8月の出の日記に”秀一と溝江翁への謝礼等について談”とあるため、昭和37年には存命だったと推測できます。

福井県デジタルアーカイブより”正六位勲六等”とあるため、叙勲関連の資料を調べるも、没年は確認できませんでした。
福井県デジタルアーカイブの情報源である資料『福井県人之精華(若越県友社 1929年)には、生まれが”福井市春山下町20”とあるため、春山小学校の学校史や地域史も調査しましたが、記載はありませんでした。

新聞については、残念ながら地方新聞は2011年2月以前はデータベース化されていないので調査することができません。
当館所蔵の読売新聞のDVD(昭和37年から昭和45年まで)で検索しましたが、訃報記事はでてきませんでした。

なお、2020年5月25日付「福井新聞」1面コラム「越山若水」で溝江八男太が取り上げられていますが、没年記載はありません。
事前調査事項
(Preliminary research)
溝江 八男太 | デジタルアーカイブ福井 https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/archive/da/detail?data_id=080-1905199
新村恭『広辞苑はなぜ生まれたか』によると、1956年の『新国語辞典』(東京書院)の編集に参画していたとのことで、刊行時点で健在だったか不明ですが、少なくともこの頃までは存命だったようです。
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000292946解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決