このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
0000001888
事例作成日
(Creation date)
2020年08月02日登録日時
(Registration date)
2021年01月26日 11時39分更新日時
(Last update)
2021年01月26日 11時39分
質問
(Question)
福井市にある殿上山(でんじょうざん)の山名由来や歴史について書かれた本はあるか。
回答
(Answer)
殿上山の歴史等について、次の資料に簡易な記載がありますが、山名由来の記載はありませんでした。

『角川日本地名大辞典 18福井県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1989年)
・・・p297「尾花」項に、殿上山関連の下記記載あり。
”殿上山には、戦国期に白山権現を祀った禅定神社があり、朝倉家の祈願所であったが朝倉氏滅亡とともに破壊された。今も毎年2月5日「殿上まいり」の神事が続けられている。”

『河和田村誌』(河和田小学校 1937年)
・・・p29「殿上」に、上記『角川日本地名大辞典 18福井県』と同内容の記載あり。

『南越 第4集(第34~44号)』(安田書店 1986年)
・・・p442-445(「南越 第42号」p28-31)「鯖江・尾花町の伝説」内の「白山権現」「社森」に殿上山の記載あり。2月5日の祭礼由来は”はっきりわからない”とある。

『鯖江のオコナイ』(ふくい伝統文化活性化事業実行委員会 2011年)
・・・p2-8に、殿上山の歴史等について簡易な説明あり。主要テーマである「殿上まいり」については、カラー図版ともに解説が豊富にあり。本資料の内容が収録されたDVD資料もあり。

『我等の郷土浄教寺』(福井市浄教寺町老人会有志 2002年)
・・・p35「殿上山」項に、簡易な記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000292944解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!