このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
千県西-2020-0004
事例作成日
(Creation date)
2020年09月12日登録日時
(Registration date)
2021年01月21日 10時42分更新日時
(Last update)
2021年01月21日 12時32分
質問
(Question)
千葉県松戸市の小金原団地の歴史について知りたい。特に次の3点について資料を紹介してほしい。
(1)団地建設前後の経緯(新聞記事を含む)
(2)団地住民の年齢構成の変化
(3)団地付近の商店(街)の変遷
回答
(Answer)
(1)団地建設前後の経緯について
【資料1】『ひとくらしまちゆめ 首都圏都市開発本部34年のあゆみ 事業地区のあらまし』(住宅・都市整備公団首都圏都市開発本部 1998)
p148-149「北小金(小金原)」
事業概要、主要経緯、土地利用計画表、航空写真(平成8年10月撮影)、土地利用図(用途別の地図)が載っています。

【資料2】『日本住宅公団20年史』(日本住宅公団 1975)
「団地一覧表」
p352「賃貸住宅 松戸市 小金原」居住室数、戸数、家賃などが載っています。
p380「普通分譲住宅 松戸市 小金原」住宅形式、計画床面積、戸数などが載っています。
また、本書からは公団による団地開発の一般的な様子(入居者の募集、団地の管理、標準設計平面図など)がわかります。

【資料3】『未来への遺産 連合会創立20周年記念誌』(松戸市土地区画整理組合連合会 1978)
p132「日本住宅公団松戸都市計画北小金土地区画整理事業」
p141-143座談会の中で小金原地区の区画整理の経緯が語られています。

【資料4】『根木内小学校PTA十年の歩み』(松戸市立根木内小学校PTA 1978)
p8「PTAのあゆみ」昭和44年度の部分に、「小金原団地の入居にともない次第に児童数が増え」たことが書かれています。年度当初は新入生含め234名だった児童数が、年度末には345名になったとあります。
p34-36「根木内のむかし」の項目に、古代から戦国、江戸と続き、昭和36年に開発されるまでの小金原地域の歴史が書かれています。

【資料5】福原勤「松戸市内の団地造成」(『松戸史談』37号 1997年10月)p53-59
この中で「小金原団地の造成」についても書かれています。

新聞記事については【資料6】『千葉日報』から関連のものを紹介します。
「北小金団地認可へ、県内最大のニュータウン公団、県の要望にそう」(1965年9月11日)p1
「整地作業始まる、北小金団地、県、最大規模に」(1966年9月19日)千葉版
「小金原団地が完成、松戸 通勤の足また混乱か」(1969年2月12日)千葉版
「小金原団地の支所問題、つくれ、つくらぬ、住民と松戸市が平行線」(1969年11月5日)千葉版

(2)団地住民の年齢構成の変化について
団地の住民のみを対象とした資料・情報源は見つかりませんでした。
参考までに、市町村単位より細かい地域を対象とした、町丁字・字別の人口統計を紹介します。小金原団地ホームページ「小金原団地概要」によると、「小金原地域は1丁目から9丁目まであるが、小金原団地は6丁目に集中している」とのことです。
https://koganehara.info/page-189/

千葉県ホームページ「千葉県年齢別・町丁字別人口」を開きます。
https://www.pref.chiba.lg.jp/toukei/toukeidata/nenreibetsu/index.html
>平成元年(1989年)から最新年までの各年
>項目:市町村別・町丁字別世帯数及び人口(男女別・年齢3区分別)
>松戸市
以上の手順で進んで、次の2つの項目が交わるところを参照します。
(縦)町丁字名:小金原6丁目
(横)人口:15歳未満/15~64歳/65歳以上の3区分
なお、同じ内容の書籍を千葉県立図書館で所蔵しています。
【資料7】『千葉県年齢別・町丁字別人口』平成元年度~最新年度(千葉県企画部統計課)

平成元年より古い時期の人口統計については以下の資料が参考になると思われます。ただし年齢別の区分があるか、またそれが何歳ごとの区分かは未確認です。いずれの資料も松戸市立図書館本館で所蔵しています。
【資料8】『松戸市字別人口概数表』1984-1988/1979-1983/1975-1978/1971-1974(合冊製本 松戸市 1995)

(3)団地付近の商店(街)の変遷について
以下の資料には具体的な店舗名は載っていませんが、各商店街の会員数(店舗数)がわかります。小金原団地の付近では「小金原中央商店会」と「殿内商店会」が載っています。
【資料9】『全国商店街名鑑』昭和50/昭和55/平成4/平成10/平成13年版(全国商店街振興組合連合会)

また、商店街ではありませんが、以下の資料でスーパーマーケット等の店舗情報がわかります。千葉県立図書館では1992年版から最新版まで所蔵しています。
【資料10】『全国大型小売店総覧』(東洋経済新報社)
千葉県松戸市のページには例えば次のような店舗が載っています。
・サンドラッグ小金原店(1976年7月開設)
・リブレ京成小金原店(1969年10月開設)
・マルエツ小金原店(1977年6月開設)
回答プロセス
(Answering process)
(1)団地建設前後の経緯について
まず、松戸市ホームページ「都市計画の変遷」で概要を確認しました。
https://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/toshiseubi/tosi/hensen.html
「昭和39年には日本住宅公団施行による北小金土地区画整理事業(小金原団地)の具体化により変更しました。」

当館の蔵書検索システムで次のキーワードにより検索した結果から【資料1】から【資料3】が、千葉県立図書館ホームページ「菜の花ライブラリー」( http://www.library.pref.chiba.lg.jp/nanohana/index.html )で検索した結果から【資料5】【資料6】がそれぞれ見つかりました。
キーワード:「松戸」「小金原」「北小金」「団地」「住宅公団」「住宅・都市整備公団」「都市再生機構」「区画整理」等
また、小金原団地付近の地図からヒントを得て全項目「根木内小学校」と蔵書検索したところ【資料4】が見つかりました。

なお、当館の郷土資料の書架を確認したところ、以下の資料に小金原団地関係の写真が載っていました。
『松戸の昭和史 子らに語りつぐふるさとの歴史』(安藤操[ほか]編 千秋社 1993)
p146「小金原団地の造成」「昭和43年の小金原団地」「小金原団地の引っ越し風景」
『松戸市の昭和 写真アルバム』(いき出版 2015)
p92「小金原中央商店街」
p183「小金原団地付近の航空写真」
p184「昭和48年5月に入居が開始された小金原団地方面を望む」
p220「小金原団地の敷地の向かい側にある中央公園で行われた夏まつりの様子」

(2)団地住民の年齢構成の変化について
当館の蔵書検索システムで「人口」「字別」「町丁」等のキーワードにより検索して【資料7】が、松戸市立図書館ホームページの資料検索で件名「松戸市 人口」により検索して【資料8】がそれぞれ見つかりました。

(3)団地付近の商店(街)の変遷について
当館の蔵書検索システムで件名「商店街」と検索した結果から【資料9】を確認しました。
また、国立国会図書館リサーチナビ「卸売・小売業について調べるには(統計・名鑑・インターネット情報源等)」を参照して【資料10】を確認しました。
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102639.php

さらに、千葉県立図書館では松戸市内の地図を、過去のものを含めて所蔵しています。当時の商店の状況を知る参考になるかもしれません。
『ゼンリン住宅地図 松戸市』(ゼンリン)1991年版から最新版まで
『ゼンリンの住宅地図 松戸市』(ゼンリン/日本住宅地図出版)1971年版から1990年版まで
『最新松戸市街図 千葉県商工産業地図シリーズ 3』(中央地学 1977)(1982)(1985)
『松戸市街図 千葉県都市精図 4』(日地出版 1977)(1983)(1985)

(インターネット最終アクセス:2020年12月11日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
生活.消費者問題  (365 9版)
衛生工学.都市工学  (518 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『ひとくらしまちゆめ 首都圏都市開発本部34年のあゆみ 事業地区のあらまし』(住宅・都市整備公団首都圏都市開発本部 1998)(0201107348)
【資料2】『日本住宅公団20年史』(日本住宅公団 1975)(9101419509)
【資料3】『未来への遺産 連合会創立20周年記念誌』(松戸市土地区画整理組合連合会 1978)(0200765760)
【資料4】『根木内小学校PTA十年の歩み』(松戸市立根木内小学校PTA 1978)(9200089214)
【資料5】福原勤「松戸市内の団地造成」(『松戸史談』37号 1997年10月)p53-59(1501584868)
【資料6】『千葉日報』
「北小金団地認可へ、県内最大のニュータウン公団、県の要望にそう」(1965年9月11日)p1
「整地作業始まる、北小金団地、県、最大規模に」(1966年9月19日)千葉版
「小金原団地が完成、松戸 通勤の足また混乱か」(1969年2月12日)千葉版
「小金原団地の支所問題、つくれ、つくらぬ、住民と松戸市が平行線」(1969年11月5日)千葉版
【資料7】『千葉県年齢別・町丁字別人口』平成元年度~最新年度(千葉県企画部統計課)
【資料8】『松戸市字別人口概数表』1984-1988/1979-1983/1975-1978/1971-1974(合冊製本 松戸市 1995)
【資料9】『全国商店街名鑑』昭和50/昭和55/平成4/平成10/平成13年版(全国商店街振興組合連合会)
【資料10】『全国大型小売店総覧』(東洋経済新報社)
キーワード
(Keywords)
千葉県-松戸市
住宅団地
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000292735解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!