このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
2020-事例20
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2021年01月16日 17時15分更新日時
(Last update)
2021年01月16日 17時45分
質問
(Question)
遠藤梧逸という歌人の句碑を竹駒神社で見た。この人物のプロフィールについて知りたい。
回答
(Answer)
句碑は御鏡内神興堂の前にあり、高さ110cm、巾55cm、厚さ32cmの稲井石で作られた。主宰する「みちのく」の150号と悟逸の古希を記念して、昭和38年9月に仙台みちのく発行所が建立した。梧逸の句碑は全国に27基ある。句碑は以下の内容である。

あきざくら径に溢れて豊の秋 梧 逸

『みやぎの文学碑』所収。p176‐177に遠藤梧逸のプロフィールが記載されている。梧逸は、明治26年12月30日、岩手県前沢町生まれ。没年は平成元年12月7日である。東大法学部卒業後通信省に勤務した。昭和9年に省内に富安風生がおり、職場俳句同僚の勧めで俳句を始める。高浜虚子に師事し、ホトトギス初入選。ホトトギス同人となる。昭和17年に本省郵便局長を最後に退官、その後は三井軽金属常務、東北配電社長、公共企業体等労働委員会委員、NHK経営委員等を歴任した。昭和25年原田青児他同志を集め、「仙台ホトトギス会」を結成した。「農村俳句」「家庭俳句」を提唱した。
回答プロセス
(Answering process)
『宮城県史』の文学関係や人物関係(14巻・29巻)、『宮城県百科事典』や人名事典等をあたるが見つけられず。郷土資料の文学のコーナーの中で、『みやぎの文学碑』を見つけ、内容を確認すると記載があった。蔵書検索システムで、「遠藤梧逸」と検索すると、『仙台仲間』『私の勉強机』『青木の実』等の著書が見つかった。句碑については竹駒神社関連の資料で確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910)
詩歌  (911)
神社.神職  (175)
参考資料
(Reference materials)
『みやぎの文学碑』宮城県芸術協会/編宮城県芸術協会 1994年
『仙台仲間』遠藤梧逸/著みちのく発行所 1970年
『私の勉強机』遠藤梧逸/著みちのく発行所 1981年
『青木の実』遠藤梧逸/著みちのく発行所 1981年
『竹駒神社志補遺』佐々木喜一郎/編著竹駒神社社務所 1966年
『竹駒神社』宮城正俊[ほか]/編竹駒神社 1993年
キーワード
(Keywords)
遠藤梧逸
竹駒神社
句碑
文学碑
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000292570解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!