このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館 (4110002)管理番号
(Control number)
REF-2020-00185
事例作成日
(Creation date)
2020/12/9登録日時
(Registration date)
2021年01月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年01月07日 00時30分
質問
(Question)
知的財産教育に関する他国の取り組み方について調べている。以下の資料がウェブで掲載されている場合、URLなど教えていただけないか。また、現在、中国、韓国の知的財産教育に関する取り組み等について情報が欲しい。
「韓国知的財産ニュースNo.167」2010年10月
「中国知財教育の現状調査報告書」2009年3月
回答
(Answer)
ジェトロの下記ページに有用な報告書が掲載されております。
韓国: https://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/ip.html
中国: https://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/ip.html

残念ながら、「韓国知的財産ニュース」は残念ながら2012年までしか遡れません。
https://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/ip/ipnews/archive.html
「中国知的財産ニュース」であれば、2010年までバックナンバーが掲載されていました。。
https://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/ip/ipnews/archive.html

一方「中国知財教育の現状調査報告書」はウェブでは公開されておりません。
当館にて閲覧いただくことは可能です。(当館請求記号:AECC/347.78/Ni15)
当館ではほかに下記資料を所蔵しています。
「知財系高度教育機関の実態と将来構想 (知財基幹要員育成・活用制度) 調査報告書」
[北京] : ジェトロ北京センター知的財産権部 , 2010.5
(当館請求記号:AECC/347.78/Ni18)

また、中国の知財教育については、科学技術振興機構でも有用な情報を配信しているようです。
https://spc.jst.go.jp/experiences/howdojp/howdojp_index.html
そのほか、グーグルでキーワード検索を行うと、ウェブで入手できる論文もいくつかヒットします。
https://system.jpaa.or.jp/patents_files_old/201111/jpaapatent201111_019-024.pdf
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000292015解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!