このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
8769492
事例作成日
(Creation date)
2020/12/15登録日時
(Registration date)
2021年01月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年01月22日 11時18分
質問
(Question)
学習研究社発行「学習」に掲載されていた物語について
2年の読み物特集号(1973年)に、「コップの海」三木卓/文 鈴木琢磨/絵 の掲載があるか。

※以下のレファレンス事例に関連する調査です。
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000291815
回答
(Answer)
ご指定の資料は、当館では所蔵していません。

以下の資料に三木卓「コップの海」が収録されていることを確認しました。参考にご紹介します(以下、【 】内は当館請求記号)。

①三木卓 さく, 太田大八 え. コップの海. 母の友.. 9月(196)1969.9 pp.96-99【Z6-76】
②三木卓 著, 佐野洋子 絵. 七まいの葉 : 三木卓童話集. 構造社, 昭和46【Y7-2794】
 pp.67-76 コップの海
③三木卓 作, 佐野洋子 画. コップの海. 金の星社, 1987.6【Y8-4359】
 pp.77-87 コップの海

前回の質問本文の「夏休みの男の子が、家でお土産のサイダーをコップにあける。すると、コップの中に突然港がうかび、船が行きかう不思議な現像を見つける物語」という照会事項と関連するものとして、登場人物の「としろう」、コップにあけたあとの「コップはんぶんのみなと」や「ふねがはいってきます」、目が覚めたあとの「なつやすみのおひさま」といった言葉が出てきます。コップにあけるのは、サイダーではなく、としろうの父親が昔持ち帰った「うみのみず」です。

(調査方法)
キーワードを「コップの海」と設定し、当館の蔵書検索・申込システム国立国会図書館オンライン( https://ndlonline.ndl.go.jp/ )及び国立国会図書館サーチ( https://iss.ndl.go.jp/ )を検索して回答でご紹介した資料を得ました。以下の当館東京本館の資料は未確認です。

・三木卓 著. 七まいの葉 : 三木卓童話集. 講談社, 1976【Y82-4039】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ストーリーレファレンス
児童文学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
資料情報課(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000291894解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決