このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
8742376
事例作成日
(Creation date)
2020/12/12登録日時
(Registration date)
2021年01月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年01月21日 14時55分
質問
(Question)
現『南日本新聞』の前身である『鹿児島新聞』の昭和15年1月頃の記事で、野球に関する座談会について書かれた記事はあるか。
南日本新聞社編『郷土人系(中)』の中に、「町田は、昭和十五年正月、鹿児島新聞での座談会で「鹿児島は昔からハマ打ちの盛んなところ。おかげでバッティングは最初から自信があった」と述懐している。」という記載がある。
この座談会について掲載されている記事を全て確認したい。
回答
(Answer)
当館所蔵の資料を調査したところ、ご照会の記事と思われる連載記事が見つかりましたので、以下に書誌事項と掲載箇所をお知らせします。

当館請求記号:YB-1941
タイトル:鹿児島新聞
形態:マイクロフィルム

掲載日・掲載箇所・記事見出し:
・1940(昭和15)年1月11日・夕刊・2面「今昔球界座談の夕(一) 砂を噛む猛ゴロは 袴で発止と受止た頃 ”カーブ”は切支丹の魔法扱ひ」
・1940(昭和15)年1月13日・朝刊・3面「今昔球界座談の夕(二) 溜池クラブを破つて 一高野球の擡頭 ボールもバツトも手製時代」
・1940(昭和15)年1月16日・朝刊・3面「今昔球界座談の夕(二) 血達磨となつて生還 駒場の獰猛町田 野球振興の恩人中馬庚氏」※連載は第3回目ですが、見出しでは「(二)」となっています。
・1940(昭和15)年1月17日・朝刊・[4]面「今昔球界座談の夕(四) 破魔投げの呼吸が 打球に役立つた 鹿児島出身の強打者」※面数は第4面ですが、「三」と誤植されています。
・1940(昭和15)年1月19日・朝刊・4面「今昔球界座談の夕(五) 型に嵌めるは考へ物 バツトは選手の魂 サインと投捕の気合」
・1940(昭和15)年1月20日・朝刊・3面「今昔球界座談の夕(六) 投手の暴投、外野手の 美技に救はる! 七高黄金時代の思出」
・1940(昭和15)年1月21日・朝刊・6面「今昔球界座談の夕(七) 山口高商との優勝戦 延長十八回に及ぶ 七高黄金時代の思出」※末尾に「(終り)」とあります。

このうち、連載第4回目の記事中に、町田一郎の「とにかく打つことの上手な人は鹿児島の人に多かつたようです。これは昔から鹿児島では『ハマ投げ』をやつてゐた関係上、比較的『球』を打つといふ呼吸を呑み込んでゐたものと思ひます」という発言があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
新聞(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000291874解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決