このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
3A20006491
事例作成日
(Creation date)
2020年05月23日登録日時
(Registration date)
2020年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年12月10日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代に現在のガスビルのある場所(大阪市中央区平野町4丁目)に「家請会所」があったが、この場所にいつ頃でき、いつ頃なくなったか知りたい。
回答
(Answer)
「家請会所」が設置された時期は享保17(1732)年とわかりましたが、なくなった時期は特定できませんでした。天保13(1842)年の「家請人仲間」の解散以後も「家請会所」の名称は史料に見え、また、「家請人」の制度は明治まで存続していました。
関連する資料を以下にご紹介します。

(1) 国立国会図書館デジタルコレクション『大阪市史. 第1』(大阪市編 大阪市 昭和2) (インターネット公開) <清文堂出版復刻版 当館書誌ID:0013327119>
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1218100  (2021.6.22確認)
「第四編 徳川時代 第四期 宝永七年より延享二年に至る 市制と宗教」の項、p.587(コマ番号330)に「平民市内に借家せんと欲せば請人を要す。(中略)是に於て享保十七年正月、始めて家請人仲間五十三名を許可し、(中略)彼等は亀井町(割註:東区平野五丁目)に家請会所を建て、惣名代一人を置き、家明渡に関する家主との交渉を掌り、(後略)」と記述があります。


なお、現在の平野町は、江戸時代には「亀井町」でした。

(2) 『角川日本地名大辞典 27 大阪府』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.10)
p.333「亀井町」の項目に、「享保17年借家人の保証機関である家請会所が設置された」「同(明治)5年平野町1~5丁目となる」と記述があります。


以下の地図で、当時の位置を確認できます。

(3) 『天保期の大坂三郷(新修大阪市史歴史地図 図5)』(大阪市 [1996])
家請会所の目印の下部に、亀井町と見えます。この地図は「改修摂州大阪地図(天保十五年再版)」と「増補大坂町鑑(天保十三年刊)」を参照して作られた、『大阪市史 附図』第5図「天保十四年(1843)大坂図」を基に作成されたものです。


「家請人仲間」の解散については、以下の資料に記載があります。

(4) 『近世大坂の都市空間と社会構造』(塚田 孝/編 山川出版社 2001.2)
p.245-288「4章 近世大坂三郷家請人仲間について」のなかに、p.255「天保十三(一八四二)年には株仲間解散令を受けて家請人仲間も解散となる。この時、家請稼業自体の廃止が検討されるのだが(中略)稼業については存続が決定された」と記述があります。


「家請会所」の名称を確認できる最後の年代の史料は以下のものです。

(5) 『大阪編年史 第24巻 自文久三年正月至慶応二年十二月』(大阪市立中央図書館市史編集室/編集 大阪市立中央図書館 1977)
p.212 慶応元(1865)年4月28日の町触に「家請会所」の言葉が見えます。場所に関しては記述がありません。


また、以下の資料に、「家請人」の制度が廃止された年の記述があります。

(6) 牧 英正「近世大坂の借屋請人制度」『奈良法学会雑誌』第2巻第2号(奈良産業大学法学会 1989) p.1-53
http://id.nii.ac.jp/1413/00001162/  (2021.6.22確認)
p.25に「家請人の制度が廃止されたのは、明治四年になってからであった。」と記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館データベース「大阪関係資料目次検索」(外部非公開)を“家請会所”で検索、ヒットなし
2.『大阪市史』索引で“家請会所”の項目を検索、資料(1)を確認
3.資料(2)の地名辞典で地名の変遷を確認
4.『新修大阪市史』索引を確認するが、“家請会所”の項目はなし、“家請人”についての記述があるが、始まり・終わりについては詳述されていない
5.『新修大阪市史』の付属の地図である資料(3)で位置を確認
6.当館所蔵検索をフリーワード“家請”で検索、資料(4)を確認
7.『大阪編年史』索引の項目“家請会所”が出現する最後の年代の史料を資料(5)で確認
8.商用データベース「JapanKnowledge」をキーワード“家請会所”で検索したが、会所の設置年の情報(享保17年)のみ
9.「Google Scholar」をキーワード“"家請会所"”で検索、資料(6)を確認
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0013327119>  大阪市史 第1  清文堂出版 1978.11  資料(1)
当館書誌ID <0013497465>  天保期の大坂三郷(新修大阪市史歴史地図 図5)  大阪市 [1996]  資料(3)
当館書誌ID <0000184865>  角川日本地名大辞典 27 大阪府 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.10 9784040012704 資料(2)
当館書誌ID <0000853461>  近世大坂の都市空間と社会構造 塚田 孝/編 山川出版社 2001.2 9784634521209 資料(4)
当館書誌ID <0080153559>  大阪編年史 第24巻 自文久三年正月至慶応二年十二月 大阪市立中央図書館市史編集室/編集 大阪市立中央図書館 1977  資料(5)
牧 英正「近世大坂の借屋請人制度」『奈良法学会雑誌』第2巻第2号(奈良産業大学法学会 1989) p.1-53  http://id.nii.ac.jp/1413/00001162/  (2021.6.22確認) 資料(6)
キーワード
(Keywords)
大阪市中央区
家請会所
家請人
家請人仲間
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000291382解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!