このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢富岡-2020-009
事例作成日
(Creation date)
2019/11/22登録日時
(Registration date)
2020年12月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年12月23日 09時20分
質問
(Question)
鼠小僧次郎吉について、知りたい。
(小説ではなく、出身地などの歴史資料)
回答
(Answer)
「鼠小僧」は、「1797~1832(寛政9~天保3)江戸後期の盗賊。次郎吉、次郎太夫ともいう。江戸堺町に住み、はじめ鳶人足であったが博奕に身をもちくずし、1823(文政6)ごろから武家屋敷など32か所に侵入、捕えられて入墨の上追放となった。身軽なことから鼠小僧と呼ばれ、'32(天保3)松平宮内小輔の屋敷に忍び入り捕えられた。」(『コンサイス日本人名事典』 三省堂編修所/編 三省堂 2009年より抜粋)とあります。
 
以下の資料に記載があります。
 〇『謎解き!江戸のススメ』 「謎解き!江戸のススメ」制作班/著 NTT出版 2013年
 〇『コンサイス日本人名事典』 三省堂編修所/編 三省堂 2009年
 〇『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994年
 〇『新潮日本人名辞典』 新潮社辞典編集部/編集 新潮社 1991年
 〇『日本架空伝承人名事典』 大隅和雄/ほか編集 平凡社 1986年
 〇『殿様と鼠小僧』 氏家幹人/著 講談社 2009年
 〇『泥坊の話お医者様の話』 三田村鳶魚/著 中央公論社 1998年
 〇『落語にみる江戸の「悪」文化』 旅の文化研究所/編 河出書房新社 2001年
 〇『鼠小僧次郎吉』 芥川龍之介/著 国書刊行会 2012年
 〇『盗賊の日本史』 阿部猛/著 同成社 2006年
 〇『大江戸事件帖お散歩マップ』 お江戸歴史探訪研究会/著 徳間書店 2011年
 〇『鼠小僧白状記』 横山勝行/著 横山勝行 1997年
 〇『日本庶民生活史料集成 第11巻』 谷川健一/編集委員代表 三一書房 1970年
 〇『近世庶民生活史料藤岡屋日記 第1巻』 鈴木棠三/編 三一書房 1987年
 〇『江戸から東京へ 第4巻』 矢田挿雲/著 中央公論社 1998年
 〇『親分子分<俠客>の盛衰史』 白柳秀湖/著 国書刊行会 2016年
 〇『日本随筆大成 第2期 5』 日本随筆大成編輯部/編 吉川弘文館 1974年
 〇『馬琴日記 第3巻』 滝沢馬琴/著 中央公論社 1973年
 〇『武江年表 2』 斎藤月岑/著 平凡社 1968年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『謎解き!江戸のススメ』 「謎解き!江戸のススメ」制作班/著 NTT出版 2013年
  p.100-103 「一.天下の大泥棒「鼠小僧」」の項目に、鼠小僧について記載あり。
 〇『コンサイス日本人名事典』 三省堂編修所/編 三省堂 2009年
  p.1032 「ねずみ こぞう 鼠小僧」の項目に、以下の記載あり。
   「1797~1832(寛政9~天保3)江戸後期の盗賊。次郎吉、次郎太夫ともいう。江戸堺町に住み、はじめ鳶人足であったが博奕に身をもちくずし、1823(文政6)ごろから武家屋敷など32か所に侵入、捕えられて入墨の上追放となった。(中略)身軽なことから鼠小僧と呼ばれ、以後も盗みを続け、延べ90回以上にのぼったが、'32(天保3)松平宮内小輔の屋敷に忍び入り捕えられた。(後略)」
 〇『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994年
  p.1289 「鼠小僧 ねずみこぞう」の項目あり。
 〇『新潮日本人名辞典』 新潮社辞典編集部/編集 新潮社 1991年
  p.1336 「ねずみ こぞう 鼠小僧」の項目に以下の記載あり。
   「(前略)江戸堺町中村座木戸番定七の長男。名は次郎吉。建具職人であったが博徒から鳶人足の仲間に入る。勘当されて盗みを始め、文政八年(一八二五)逮捕され、入墨・中追放。(中略)引き回しのうえ、品川で獄門。(後略)」
 〇『日本架空伝承人名事典』 大隅和雄/ほか編集 平凡社 1986年
  p.372-374 「鼠小僧次郎吉 ねずみこぞうじろきち」の項目に、以下の記載あり。
   p372「(前略)『視聴草』によれば、一八二三年(文政六)以来一〇年間に九九ヵ所の武家屋敷へ一二二度も忍びこみ、金三〇〇〇両余を盗む。盗金は酒食や遊興、ばくちなどに費やした。三二年八月獄門。三六歳とも三七歳ともいわれた。(後略)」
 〇『殿様と鼠小僧』 氏家幹人/著 講談社 2009年
  p.195-229 「殿様と鼠小僧」の項目に、鼠小僧次郎吉について記述あり。
   p.221に、随筆『浮世の有様』からの引用として、「百の諸侯盗まれし数は百二十二 二三度逢し馬鹿も有らん 鼠てふ賊捕得し大名は 治世なるかな治世なるかな」と記載あり。
  p.278-282 「参考文献」内「引用史料(文献)一覧」の項目に、以下資料の記載あり。
   『慊堂日暦』
   『馬琴日記』
   『藤岡屋日記』(『近世生活史料 藤岡屋日記』)
 〇『泥坊の話お医者様の話』 三田村鳶魚/著 中央公論社 1998年
  p.80-82 「引回しの薄化粧」の項目に、随筆『浮世の有様』からの引用の記載あり。
  p.89-99 「鼠小僧の正体―義賊を縛る」の項目に、鼠小僧の生涯について記載あり。
 〇『落語にみる江戸の「悪」文化』 旅の文化研究所/編 河出書房新社 2001年
  p.59-60に、「(前略)題材となった鼠小僧であるが、これは義賊でもなんでもなかったというのが、いまや通説である。(中略)次郎吉が鈴ヶ森の刑場で獄門となった同年、馬琴は『兎園小説余録』のなかで「鼠小僧次郎吉略記」として当時の風聞を書き残している。(後略)」との記載あり。
 〇『鼠小僧次郎吉』 芥川龍之介/著 国書刊行会 2012年
  p.249-254 「巻末特集 義賊としての鼠小僧」の項目に、以下の記載あり。
   p.249「義賊鼠小僧次郎吉(一七九七-一八三二)は三六歳のとき、日本橋浜町の小幡藩主松平宮内少輔忠恵の屋敷に盗みに入り、露見して捕縛されます。北町奉行所で厳しい調べを受け、それまでに三〇〇〇両以上の金品を盗んだと供述します。(後略)」
 〇『盗賊の日本史』 阿部猛/著 同成社 2006年
  p.175-176 「義賊伝説」の項目に、鼠小僧について記載あり。
  p.177-178 「鼠小僧の正体」の項目に記載あり。
 〇『大江戸事件帖お散歩マップ』 お江戸歴史探訪研究会/著 徳間書店 2011年
  p.45-52 「鼠小僧次郎吉」の項目あり。
   p.46「(前略)白柳秀湖『親分子分』(東亜堂書房、明治45年)によれば、二度目に捕まったときの次郎吉は、芝居街である堺町に住み、賭博場を経営する親分だったという。(後略)」と記載あり。
 ×『誰も知らない日本史の真実』 加来耕三/著 ナツメ社 2007年
 
2.埼玉県内所蔵資料の内容確認
 〇『鼠小僧白状記』 横山勝行/著 横山勝行 1997年(埼玉県立熊谷図書館所蔵)
  引用資料として以下の記載あり。
  『武江年表』
  『浮世の有様』
  『天保雑記』
  『兎園小説余録』
 
3.追加調査事項(引用文献等確認)
 〇『日本庶民生活史料集成 第11巻』 谷川健一/編集委員代表 三一書房 1970年
  p.237-239 「二一、天保三年雑記」内に、鼠小僧についての記載あり。
 〇『近世庶民生活史料藤岡屋日記 第1巻』 鈴木棠三/編 三一書房 1987年
  p.480-487 「天保三年壬辰年五月 鼠小僧一件之事」の項目に、鼠小僧についての記載あり。
 〇『江戸から東京へ 第4巻』 矢田挿雲/著 中央公論社 1998年
  p.23-29 「鼠小僧の社会主義(上)」の項目に、鼠小僧次郎吉について記載あり。
  p.29-36 「鼠小僧の社会主義(下)」の項目に、鼠小僧次郎吉について記載あり。
 〇『親分子分<俠客>の盛衰史』 白柳秀湖/著 国書刊行会 2016年
  p.311-317 「60 賭博が下手で金放れが好かった鼠小僧次郎吉」の項目あり。
 〇『日本随筆大成 第2期 5』 日本随筆大成編輯部/編 吉川弘文館 1974年
  p.1-72 「兎園小説余録」の項目あり。
   p.33-34 「鼠小僧次郎吉略記」に、鼠小僧についての記載あり。
 〇『馬琴日記 第3巻』 滝沢馬琴/著 中央公論社 1973年
  p.175-177 「(天保三年八月)十九日」の項目に、以下の記載あり。
   p.176「一当五月上旬、召とられ候夜盗鼠小僧次郎太夫、今日刑罪、江戸中引まハされ候ニ付、処〃見物群衆のよし。(後略)」
 〇『武江年表 2』 斎藤月岑/著 平凡社 1968年
  p.84の「天保三年〔一八三二〕壬辰十一月閏」に、「(前略)〇〔無補〕五月五日、鼠小僧捕縛せられ、八月十九日浅草に於いて処刑。(後略)」と記載あり。
 ×『慊堂日暦 3』 松崎慊堂/著 平凡社 1973年
事前調査事項
(Preliminary research)
「鼠小僧捕まる」(『甲子夜話』 松浦静山/著 徳間書店 1978年 p185~201)参照済み
NDC
日本  (281 9版)
日本史  (210 9版)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382 9版)
参考資料
(Reference materials)
謎解き!江戸のススメ 「謎解き!江戸のススメ」制作班/著 NTT出版 2013.3 210.5 978-4-7571-4305-0
コンサイス日本人名事典 三省堂編修所/編 三省堂 2009.1 281.033 978-4-385-15801-3
朝日日本歴史人物事典 朝日新聞社/編 朝日新聞社 1994.11 281.033 4-02-340052-1
新潮日本人名辞典 新潮社辞典編集部/編集 新潮社 1991.3 281.033 4-10-730210-5
日本架空伝承人名事典 大隅和雄/[ほか]編集 平凡社 1986.9 281.033 4-582-12606-5
殿様と鼠小僧 氏家幹人/[著] 講談社 2009.1 210.55 978-4-06-291934-0
泥坊の話お医者様の話 三田村鳶魚/著 中央公論社 1998.6 210.5 4-12-203175-3
落語にみる江戸の「悪」文化 旅の文化研究所/編 河出書房新社 2001.7 382.1 4-309-24248-0
鼠小僧次郎吉 芥川龍之介/著 国書刊行会 2012.11 913.68 978-4-336-05408-1
盗賊の日本史 阿部猛/著 同成社 2006.5 368.65 4-88621-356-1
大江戸事件帖お散歩マップ お江戸歴史探訪研究会/著 徳間書店 2011.9 213.61 978-4-19-863253-3
鼠小僧白状記 横山勝行/著 横山勝行 1997.9
日本庶民生活史料集成 第11巻 谷川健一/編集委員代表 三一書房 1970.7 382.1
近世庶民生活史料藤岡屋日記 第1巻 鈴木棠三/編 三一書房 1987.11 210.55
江戸から東京へ 第4巻 矢田挿雲/著 中央公論社 1998.12 291.361 4-12-203315-2
親分子分<俠客>の盛衰史 白柳秀湖/著 国書刊行会 2016.7 384.38 978-4-336-05978-9
日本随筆大成 第2期 5 日本随筆大成編輯部/編 吉川弘文館 1974 914.5
馬琴日記 第3巻 滝沢馬琴/著 中央公論社 1973 915.5
武江年表 2 斎藤月岑/著 平凡社 1968.7 213.61 4-582-80118-8
キーワード
(Keywords)
鼠小僧
鼠小僧次郎吉
江戸時代
盗賊
義賊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000291282解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!