このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2020-027
事例作成日
(Creation date)
2019/10/13登録日時
(Registration date)
2020年12月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年12月23日 09時20分
質問
(Question)
織物の専門用語で「羽糸」というのがある。どういう意味か、調べたい。
回答
(Answer)
「羽糸(はいと)」は、「端糸とも書く。撚りを掛けない生糸。」(『染織事典』 中江克己/編 泰流社 1993年より抜粋)とあります。
以下の資料に記載があります。
 〇『染織事典』 中江克己/編 泰流社 1993年
 〇『原色染織大辞典』 淡交社 1977年
 〇『日本国語大辞典 第10巻』 小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001年
回答プロセス
(Answering process)
《所蔵資料の内容確認》
 〇『染織事典』 中江克己/編 泰流社 1993年
  p320「羽糸(はいと)」の項あり。
   「端糸とも書く。撚りを掛けない生糸。または、単糸を指していう。」との記載あり。
 〇『原色染織大辞典』 淡交社 1977年
  p823「はいと(羽糸・端糸)」の項あり。
   「撚りを施さない生糸。又、単糸という意味にも用いる。」との記載あり。
 〇『日本国語大辞典 第10巻』 小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001年
  p954 「はいと 羽糸・端糸」の項あり。
   「よりをかけない生糸。特に、製糸機から繰り出したばかりの単糸(たんし)をさすこともある。」との記載あり。
 ×『手織りと手紡ぎ』 彦根愛/著 グラフ社 2000年
 ×『繊維とくらし』 浅井恒雄/著 PHP研究所 1982年
 ×『事典絹と木綿の江戸時代』 山脇悌二郎/著 吉川弘文館 2002年
 ×『図解染織技術事典』 田中清香/共著 理工学社 1990年
 ×『世界織物文化図鑑』 ジョン・ギロウ/著 東洋書林 2001年
 ×『繊維の百科事典』 本宮達也/ほか編 丸善 2002年
 ×『服地の基本がわかるテキスタイル事典』 閏間正雄/監修 ナツメ社 2014年
 ×『世界の絹織物文化図鑑』 フィリッパ・スコット/著 柊風舎 2007年
 ×『シルクロードと綿』 奥村正二/著 築地書館 1985年
 ×『天の虫天の糸』 長町美和子/文 ラトルズ 2007年
 ×『絹の道シルクロード染織史』 長沢和俊/著 講談社 2001年
 ×『わかりやすい絹の科学』 文化出版局 1990年
 ×『蚕』 畑中章宏/著 晶文社 2015年
 ×『図解 みんなの産業シリーズ 9』 市川健夫/監修 学研 1986年
 ×『絹の文化誌』 篠原昭/ほか編著 信濃毎日新聞社 1991年
 ×『蚕糸王国長野県』 新津新生/著 川辺書林 2017年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
染織事典 中江克己/編 泰流社 1993.4 753.033 4-8121-0022-4
原色染織大辞典 淡交社 1977 753.033
日本国語大辞典 第10巻 小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001.10 813.1 4-09-521010-9
キーワード
(Keywords)
羽糸
端糸
単糸
生糸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000291279解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!