このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館 (4110002)管理番号
(Control number)
REF-2020-00165
事例作成日
(Creation date)
2020/11/10登録日時
(Registration date)
2020年12月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年12月03日 00時30分
質問
(Question)
シンガポールの下記の統計情報を探しています。
・地域別の就業者数
・従業員規模別の企業数、就業者数
・ホワイトカラーの就業者数の割合
回答
(Answer)
①地域別の就業者数
『シンガポールの労働力2019年(Labour Force in Singapore 2019)』(シンガポール労働省 MOM)
https://stats.mom.gov.sg/Pages/Labour-Force-In-Singapore-2019.aspx
⇒ 就業者数は「表1 労働人口、就業者数、非就業者数、失業者数、失業率(2009-2019年)」をご確認ください。
※「地域別」のデータはありませんでした。

②従業員規模別の企業数、就業者数
製造業とサービス業に分かれてデータが公表されているようです。
■ 製造業について
『製造業センサス2018年(Census of Manufacturing Activities, 2018)』(シンガポール経済開発庁 EDB)
https://www.edb.gov.sg/en/news-and-events/resources.html#singapore-manufacturing
⇒ "statistical tables"(エクセル)の「表3 従業員規模別製造業主要統計2018年」に、従業員規模別の事業所数、就業者数が掲載されています。
※「企業数」ではなく「事業所数」です。

■ サービス業について(2パターンご紹介します)
*『シンガポール総合統計年鑑2019年(Yearbook of Statistics Singapore, 2019)』(シンガポール統計局 DOS)
https://www.singstat.gov.sg/-/media/files/publications/reference/yearbook_2019/yos2019.pdf
⇒ 「表14.1 サービス業主要統計」に業種別事業所数は掲載されていますが、従業員規模別データはありませんでした。

*「Data.gov.sg」 https://data.gov.sg/ (シンガポール政府のオープンデータサイト)
⇒ 検索窓に「Key Indicators By Industry Group In All Services Industries, Annual」と入力して検索実行してください。
事業所数を含む各種サービス業関連のデータを取得可能です。ただし従業員規模別事業所数データはありませんでした。
※Data.gov.sgは他の統計を探すときにも便利なので、適宜キーワード検索してみてください。

③ホワイトカラーの就業者数の割合
『シンガポールの労働力2019年(Labour Force in Singapore 2019)』(MOM)
https://stats.mom.gov.sg/Pages/Labour-Force-In-Singapore-2019.aspx
⇒ 「表34 15歳以上居住者の就業者数(職種別、業種別、男女別)」や「表40 15歳以上居住者の就業者数(詳細な職種別、男女別)」をご確認ください。
※職種は「シンガポール標準職業分類(SSOC 2015)」準拠で、「ホワイトカラー」という括りではありません。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000290239解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!