このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
8593424
事例作成日
(Creation date)
2020/11/24登録日時
(Registration date)
2020年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年06月18日 16時27分
質問
(Question)
以下の資料にでてくる、越後の城主、井伊雅楽頭義保について調べている。
『美濃加茂市史』民俗編(美濃加茂市 編・発行 1978)p38「祖先の伝承」「日江井は藤原氏の末で、越後の城主井伊雅楽頭義保の七男のあと」
『蜂屋の歴史』(神保朔朗/著 蜂屋郷土史研究会 1978)p258「越後の城主、井伊雅楽頭の七男の二男傳之尉が蜂屋にやって来て日江姓を名乗る。先祖は1498年(明応7)没の日江傳兵衛保元(瑞林寺、位牌に井伊末孫とある。)依頼者による。当館、国立国会図書館は未所蔵。

越後国では、1705年(宝永2年)に井伊直矩が与板藩主に封じられ、幕末まで井伊家による統治が続いているが、時代が合わないようだ。それ以前、中世で井伊氏が城主であった事実がないかも調べて欲しいとのこと。
回答
(Answer)
ご照会について、中世も含めた調査をしましたが、越後城主井伊雅楽頭義保の居城に関する情報は見当たりませんでした(【 】内は当館請求記号)。
なお、以下の『日本城郭大系』については、当館のレファレンスでは、本文を精読しての調査、網羅的な調査はできません。

・平井聖 [ほか]編修『日本城郭大系. 第7巻』新人物往来社, 1980.12【GB97-45】
 pp.35-242が新潟県を対象とします。
 pp.47-223に「城郭解説」、
 pp.226-236に「その他の城郭一覧」があります。
 各城に関する記述中に居城者の名前がある場合がありますが、人名索引はありません。

 この他、主な調査済み資料・ウェブサイトは以下のとおりです。

・前波善学 編. 与板町史. 与板町教育委員会, 1961-1965. 2冊 【214.1-M142y】※国会図書館デジタルコレクション(国立国会図書館内/図書館送信限定)
・与板町 編. 与板町史.上巻 自然・原始古代・中世・近世. . 与板町, 1999.【GC87-E157】
・花ケ前盛明 著『中世越後の歴史 : 武将と古城をさぐる』新人物往来社, 1986.10【GC85-101】※国立国会図書館デジタルコレクション(国立国会図書館内/図書館送信限定)
 →pp.373-378に「新潟県の主な城館跡」一覧あり。
・栃尾市文化財審議会 企画編集『栃尾の城館』栃尾市教育委員会, 1988.3【GC87-E29】
・鳥羽正雄 著『日本城郭辞典』東京堂出版, 1995.9【KA2-G2】

・『新潟県史』別編 1 (年表・索引)、別編 3 (人物編) 新潟県, 1989.3、1987.3【GC85-70】
・『新潟県史』通史編 2 (中世) 新潟県, 1987.3【GC85-70】
・山田源行 編『郷土史事典新潟県』昌平社, 1979.2【GC85-59】※国立国会図書館デジタルコレクション(国立国会図書館内/図書館送信限定)
・井上鋭夫 著『新潟県の歴史』(県史シリーズ ; 15)山川出版社, 1970【GC85-4】※国立国会図書館デジタルコレクション(国立国会図書館内/図書館送信限定)
・『新潟県風土記』旺文社, 1990.11【GC85-E17】
・野島出版編集部 編『新潟県県民百科事典』野島出版, 1977.10【GB8-51】

・村島靖雄 編『越佐人名辞書』歴史図書社, 1974【GB12-12】
・牧田利平 編『越佐人物誌』下巻、補遺編 野島出版, 1972、1974【GK13-174】
・花ヶ前盛明 著『上越の史跡と人物』上越タイムス社, 2002.11【GC85-H1】
・玉木哲 [ほか]著『新潟県人』(日本人国記) 新人物往来社, 1979.4【GK13-564】
・峰岸純夫, 片桐昭彦 編『戦国武将・合戦事典』吉川弘文館, 2005.3【GK13-H523】
・安田元久 編『鎌倉・室町人名事典』新人物往来社, 1985.11【GB12-68】
・佐藤和彦, 樋口州男, 錦昭江, 松井吉昭, 櫻井彦, 鈴木彰 編『日本中世内乱史人名事典』下巻 新人物往来社, 2007.5【GB12-H56】
・『戦国人名事典』阿部猛, 西村圭子 編. 新人物往来社, 1987.3【GB12-75】
・森岡浩 編『戦国大名家辞典』東京堂出版, 2013.12【GB12-L10】
・山本大, 小和田哲男 編『戦国大名系譜人名事典』東国編 新人物往来社, 1985.11【GB12-67】
・山本大, 小和田哲男 編『戦国大名家臣団事典』東国編 新人物往来社, 1981.8【GB12-46】
・志村有弘 編『姓氏4000歴史伝説事典』勉誠出版, 2008.11【GB12-J11】

・ジャパンナレッジLib(当館契約データベース)
 *国史大辞典、日本歴史地名大系、角川日本地名大辞典等が全文検索可能。
・Google books( https://books.google.co.jp/
・リサーチ・ナビ( https://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
・国立国会図書館デジタルコレクション( https://dl.ndl.go.jp/
・Cinii Articles( https://ci.nii.ac.jp/
・ざっさくプラス(当館契約データベース)
・ADEAC 横断検索( https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ17A0/WJJS29U/
・東京大学史料編纂所データベース( http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html

(ウェブページへの最終アクセスは2020年11月21日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『与板藩史』上巻(池上大一/著 与板藩史刊行会 1982)
『新潟県中世城館跡等分布調査報告書』(新潟県教育委員会/編・発行 1987)
『越佐史料』全6巻(高橋義彦/編 名著出版 1971)
『姓氏家系大辞典』第1巻(太田亮/著 角川書店 1963)
『寛政重修諸家譜] 第12 新訂(続群書類従完成会/編・発行 1965)
『新潟県の名字』決定版(森岡浩/著 新潟日報事業社 2010)
『中越地方の城館跡』(花ヶ前盛明/著 越後城郭研究会 1978)
『下越地方の城館跡』(花ヶ前盛明/著 越後城郭研究会 1979)
『上越地方の城館跡』(花ヶ前盛明/著 越後城郭研究会 1977)
『図説中世の越後』(大家健/著 野島出版 1997)
『図説中世城郭事典』第2巻 中部・近畿 1(村田修三/編 新人物往来社 1987)
『新潟県史』別編3(新潟県/編・発行 1987)p94‐118「北越城主抜書」
新潟県立図書館ホームページ「郷土人物/雑誌記事索引データベース」( https://www.pref-lib.niigata.niigata.jp/?page_id=1139

いずれの資料にも井伊雅楽頭義保に関する記載なし。
NDC
日本史  (210 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
人文(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000290144解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!