このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県文書館 (9000002)管理番号
(Control number)
2020-011
事例作成日
(Creation date)
2020年11月29日登録日時
(Registration date)
2020年11月29日 16時30分更新日時
(Last update)
2022年01月27日 13時01分
質問
(Question)
江戸時代の東郷町(東郷村、現在の福井市東郷町)を通る街道の名前について。
回答
(Answer)
東郷町を通過する街道は2つある。
1つは大野街道である。これは美濃街道のことで、福井では大野街道、大野では福井方面を足羽街道・羽生(はにう)街道、和泉村(大野市と合併)方面を穴馬街道、岐阜県川で越前街道と呼ばれている。江戸時代、福井城下から大野へ向かう道は3つあった。1つ目が北陸道の浅水駅(現在の福井市浅水町)を起点とした道である。2つ目が福井城下の春日口から大野に向かう道で、東郷町で浅水駅から来た道と合流する。3つ目が福井城下の勝見口から大野に向かう道で、現在の国道158号線とほぼ並行している。
もう1つは東郷街道(東郷道)である。福井城下の春日口から東郷町を経由し、大野城下へ至る道である。足羽川左岸を東へ進み、東郷を経由して前波(現在の福井市前波町)で足羽川を超え、足羽川右岸を通る大野街道に合流した。また、前波から足羽川左岸沿いに東へ進み、安波賀(現在の福井市安波賀町)から一乗谷へ向かうことができた。
なお、先行研究では、中世において東郷で朝倉街道と大野街道が交わっていたというが、文献では「朝倉街道」の名称は確認できないとされている。
回答プロセス
(Answering process)
1.福井県立図書館で文献を調査。
『福井県史』『福井市史』などの先行研究をあたる。街道についての記述をみつけることができた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
隼田‖嘉彦 , 松浦‖義則. 街道の日本史 28. 吉川弘文館, 2004.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005871757-00 , ISBN 4642062289
足羽郡教育会 編纂 , 足羽郡教育会. 福井県足羽郡誌. 臨川書店, 1985. (福井県郷土誌叢刊)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001785616-00 , ISBN 465301308X
日本歴史地名大系 第18巻 (福井県の地名). 平凡社, 1981.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001524184-00
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 18 (福井県). 角川書店, 1989.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002017958-00 , ISBN 4040011805
福井市/編 , 福井市. 福井市史 通史編 2. 福井市, 2008.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I054133641-00
福井県編 , 福井県. 図説福井県史. 福井県, 1998-02.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000208415-00 , ISBN 4938772108
福井県/編集 , 福井県. 福井県史 : 近世2 通史編4. 福井県, 1996.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I087981110-00
キーワード
(Keywords)
東郷
東郷街道
大野街道
美濃街道
東郷町
朝倉街道
越前街道
東郷村
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000289970解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!