このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
練馬区立練馬図書館 (2300093)管理番号
(Control number)
R1003421-38
事例作成日
(Creation date)
2017年10月03日登録日時
(Registration date)
2020年11月23日 14時54分更新日時
(Last update)
2020年11月23日 14時55分
質問
(Question)
都立石神井公園が、都立公園として整備された1959年以前にどのように管理、活用されてきたかを伝える図書・資料について
回答
(Answer)
・『練馬区小史』練馬区 1987
 *P382「付」の項に「石神井公園戦前史」として記述がある(P382~390)。
小項目「風致協会の設立とボート池ができるまで」には、「社団法人石神井風致協会」が昭和8年に申請許可されたこと、会長(村長)、副会長(元助役以下委員35名)、武蔵野鉄道と中野乗合バス(関東バス)の代表者で組織されたとの記述がある。また協会の当面の課題が「ボート池の新設と運営」だったこともわかる。
                                                 
・『石神井公園の歴史と自然』 練馬・文化の会 1993
 *「石神井公園のおいたち」として、1917年に池の周りに遊歩道、1918年に当時日本一のプールが作られたことなどが記載されている。その後国の風致地区に指定され、「石神井風致協会」が設立、管理運営をしていたと記述がある(P2~6)。またP38に石神井公園の先土器時代から1989年までの大まかな歴史年表がある。
                                              
・『石神井・善福寺公園』 郷学舎 1981.8
 *石神井公園年表に昭和5年に内務省が「石神井風致地区」を指定、その後の管理、活用について詳細に記載がある(P50~53)。
                                                 
・『石神井公園歴史・自然マップ』 練馬区教育委員会生涯学習部生涯学習課文化財係2008.3
 *石神井公園の歴史あらましについて記載があります。太平洋戦争中の防空緑地の指定について言及あり。
 
・『石神井公園付近史跡案内』練馬区郷土資料室 1989
 *石神井公園の概要について記載あり(P1)。
この資料によると、昭和10年には三宝寺の植物群が「三宝寺池沼沢植物群落」として国の天然記念物に指定された旨記載。
                                                 
・『石神井公園あれこれ』 練馬郷土史研究会 1994
 *大正2年に武蔵野鉄道の開通工事にともない、当時の石神井村村会が石神井公園駅の用地を無料で提供、またそれに先立ち、三宝寺池周辺の遊園地化が手がけられたことが書かれている。元収入役の豊田銀右衛門によって、ツツジ園や日本風庭園の「第一豊田園」「第二豊田園」が開園されたと記述あり。(P5)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『練馬区小史』練馬区 1987
『石神井公園の歴史と自然』 練馬・文化の会 1993
『石神井・善福寺公園』 郷学舎 1981.8
『石神井公園歴史・自然マップ』 練馬区教育委員会生涯学習部生涯学習課文化財係2008.3
『石神井公園付近史跡案内』練馬区郷土資料室 1989
『石神井公園あれこれ』 練馬郷土史研究会 1994
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000289748解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!