このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
3A19006883
事例作成日
(Creation date)
2019年09月11日登録日時
(Registration date)
2020年11月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年12月06日 00時30分
質問
(Question)
1956年の昭和天皇大阪巡幸に関する資料はあるか。
回答
(Answer)
1956年の大阪巡幸については下記の資料に記述がありました。

(1) 『大阪府行幸啓記念誌』(大阪府総務部文書課/編 大阪府 1958)
1956年10月31日から11月2日の3日間、大阪に行幸した際の記念誌です。

(2) 『大阪府警察の偉観 -天皇皇后両陛下大阪行幸啓を記念して-』 (警察文化写真部/著 警察文化社 1957)
p.17-21に1956年の行幸時の写真が掲載されています。

(3) 『昭和天皇実録 第12 自昭和三十年至昭和三十四年』 (東京書籍 2017.3)
p.242-246 昭和31年10月31日から11月2日までの大阪巡幸の記録と典拠資料が記載されています。

『朝日新聞』『読売新聞』『毎日新聞』の各データベースを検索したところ、以下の記事が見つかりました。
(4) 『朝日新聞』1956年11月1日 大阪朝刊 12ページ 「ふくれ上るご人気 可愛い迎え 両陛下にっこり」

(5) 『朝日新聞』1956年11月2日 大阪朝刊 12ページ 「お車歓迎の人波で遅れる 紡績工場や整肢学園へ」

(6) 『読売新聞』1956年10月31日 夕刊5ページ 「両陛下大阪へ」

(7) 『毎日新聞』1956年11月2日 夕刊5ページ 「両陛下大阪から御帰京」
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵検索をフリーワード“天皇”ד巡幸”ד大阪”で検索、有用資料見つからず
2.当館所蔵検索をタイトル“大阪”ד行幸”で検索、資料(1)(2)が見つかる
3.商用データベース「官報情報検索サービス」でキーワード“天皇”ד行幸”ד大阪”で検索 、有用資料見つからず。
4.『昭和天皇実録』を調査、他の資料により判明した大阪巡幸の該当年月日をの記述を確認。(資料(3))
5 当館データベース「大阪関係資料目次検索」(外部非公開)でキーワード“巡幸”、“行幸”で検索、有用資料見つからず。
6.商用データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」で該当の日付の記事を検索、資料(4)(5)が見つかる
7.商用データベース「ヨミダス歴史館」で該当の日付の記事を検索、資料(6)が見つかる
8.商用データベース「毎索」で該当の日付の記事を検索、資料(7)が見つかる
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0080222730>  大阪府行幸啓記念誌 大阪府総務部文書課/編 大阪府 1958  資料(1)
当館書誌ID <0000473676>  大阪府警察の偉観 -天皇皇后両陛下大阪行幸啓を記念して- 警察文化写真部/著 警察文化社 1957  資料(2)
当館書誌ID <0014280327>  昭和天皇実録 第12 自昭和三十年至昭和三十四年  東京書籍 2017.3 978-4-487-74412-1 資料(3)
『朝日新聞』1956年11月 1日 大阪朝刊 12ページ 「ふくれ上るご人気 可愛い迎え 両陛下にっこり」 資料(4)
『朝日新聞』1956年11月 2日 大阪朝刊 12ページ 「お車歓迎の人波で遅れる 紡績工場や整肢学園へ」 資料(5)
『読売新聞』1956年10月31日夕刊5ページ 「両陛下大阪へ」 資料(6)
『毎日新聞』1959年11月2日 夕刊5ページ 「両陛下大阪から御帰京」 資料(7)
キーワード
(Keywords)
大阪巡幸
大阪行幸
大阪府行幸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000289699解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!