このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
0001002156
事例作成日
(Creation date)
20100929登録日時
(Registration date)
2020年11月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年11月24日 14時41分
質問
(Question)
首里城内の物見台「西のあざな」について知りたい。
回答
(Answer)
以下により資料を紹介した。

「西のあざな」は「島添あざな」の別称で、「あざな」は物見台の意味、西の物見台であることからその別称がついた。

【参考資料】

『沖縄大百科事典 上 ア~ク』(沖縄大百科事典刊行事務局 編、沖縄タイムス社、1983.5)
 p47 「あざな」の項目に、「首里城内の東西の高所。東を〈高あざな〉、西を〈島添あざな〉という。いずれも城壁上の最高所にあり、展望台になっている。昔はここに旗を立て、また鐘を備えて時刻を報じたという。」の記述がある。


『紀要沖縄埋文研究 6』(沖縄県立埋蔵文化財センター 編・刊、2009.3)
p71‐111「首里城西のアザナ跡の鍛冶・鋳造工房」(上原 静/著)
 p71 「Ⅱ調査の概要」の項目に、「西のアザナは西方の物見台を意味し、かつて城壁の上には鐘楼もあったことが記録から知られる。」の記述がある。


『甦った首里城』(創立三十周年記念誌編集委員会 編、首里城復元期成会、2003.7)
 p177-180 「二、宮殿などの名前」の項目に、 「他県人は、沖縄名を嫌い勝手に日本名を付けたり中国名で呼んだ。…「島添あざな(シマシーアザナ)」を「西ぬあざな(イリヌアザナ)」と呼んでいる。」の記述がある。


『沖縄古語大辞典』(沖縄古語大辞典編集委員会/編 角川書店 1995.7)
本篇p18「あざな」の項目に、「物見台。…『歌解』「あざな」の項に「昔時城中に信号旗を樹てゝ時刻を示したる箇所なり。戦国時代の物見台ならん。首里城中にも『高あざな』『島添あざな』『西のざな』『真物ざな』などの名見ゆ」とある。日本古語にはみられない語である。」の記述がある。


『沖縄語辞典』(国立国語研究所/編 大蔵省印刷局 1963.8)
p128「ʔaʐana①」の項目に、「首里城内にあった、旗を立てて時刻を示した台。首里城内に二箇所あった。」の記述がある。


『琉球語辞典』(半田 一郎/編著 大学書林 1999.11)
p39「azana」の項目に、「首里城内にあった時鐘台。」の記述がある。


『首里城物語』(真栄平 房敬/著 ひるぎ社 1989.11)
p22 「遠望台」の項目に、「首里城の遠望台を俗に「アジャナ」(阿佐那(あざな)の字を当てる)と称す。内郭の東西両端にはそれぞれ上空に突出した細い峰があり、その峰をとり巻くようにして城壁を築き、頂に遠望台が築かれていた。東端の遠望台は「高あざな」(別称東(アガリ)のあざな)とよばれ、城内最高の郭であった。西端の遠望台は「島添あざな」(別称西(イリ)のあざな)とよばれ、京ノ内あざなに次いで城内第三位の高い郭であった。東西両あざなはともに城の防衛と時報の機能をもち、朝六ッ時、暮六ッ時に鐘を搗き鳴らして時を知らせたという。俗に朝の時報は開鐘(方音ケイジョウ)、暮の時報を鼓詰(方音クジミ)と呼ばれた。」の記述がある。以下、「高阿佐名」「島添阿佐名」についてそれぞれの説明がある。


『王都首里見て歩き 御城と全19町ガイド&マップ』(古都首里探訪会/編著 古都首里探訪会 2016.3)
p.18「10西のアザナ(イリヌアザナ・島添(シマシィー)アザナ)」の項目に、「「あざな」とは物見台のことです。ここからの眺望は素晴らしく、進貢船や冊封のための御冠船などの到来や狼煙(のろし)信号がよく見分けられる場所に位置しています。」の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2)
参考資料
(Reference materials)
沖縄大百科事典 上 ア~ク 沖縄大百科事典刊行事務局/編 沖縄タイムス社 1983.5 (p47)
紀要沖縄埋文研究 6 沖縄県立埋蔵文化財センター/編集 沖縄県立埋蔵文化財センター 2009.3 (p71)
甦った首里城 創立三十周年記念誌編集委員会/編 首里城復元期成会 2003.7 (p177-180)
沖縄古語大辞典 沖縄古語大辞典編集委員会/編 角川書店 1995.7, ISBN 4-04-030900-6 (本篇 p18)
沖縄語辞典 国立国語研究所/編 大蔵省印刷局 1963.8 (p128)
琉球語辞典 那覇・首里を中心とする沖縄広域語準拠 半田 一郎/編著 大学書林 1999.11, ISBN 4-475-00144-7 (p39)
首里城物語 真栄平 房敬/著 ひるぎ社 1989.11 (p22-27)
王都首里見て歩き 御城と全19町ガイド&マップ 古都首里探訪会/編著 古都首里探訪会 2016.3, ISBN 4-905192-78-7 (p18)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000289664解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!