このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
桐朋学園大学附属図書館 (3310008)管理番号
(Control number)
R00-303
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2020年11月17日 17時00分更新日時
(Last update)
2021年03月08日 10時08分
質問
(Question)
アメリカ合衆国「ニューディール政策」の「連邦音楽プロジェクト」について調べたい。できれば日本語の文献。
回答
(Answer)
・『ニューグローヴ世界音楽大事典』の「連邦公共事業促進局音楽支部(WPA)」の項目。

・CiNii Articlesでヒットした論文『ニューディール時代の文化政策の現代的意義 : 社会資本から文化資本充実の政策への転換』に、1935年に始まる第二期ニューディール政策で、雇用促進局(WPA)を中心に連邦美術プロジェクト、連邦演劇プロジェクト、連邦音楽プロジェクト、連邦作家プロジェクトなどの芸術・文化政策の展開されたことについて紹介されている。連邦音楽プロジェクトについては15行程度。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jace1998/3/4/3_4_19/_pdf/-char/en  (2020/11/26確認)
回答プロセス
(Answering process)
1.音楽事典
  ・『ニューグローヴ世界音楽大事典』の「アメリカ合衆国」の項目
  「3.大衆音楽の流れと新アメリカ主義の時代 1920年~1950年」には「ニューディール政策」について言及されていなかった。
  ・『音楽大事典』(平凡社)の「アメリカ」の項目でごく簡単に触れている。

2.OPACのキーワード「ニュー ディール」で検索し、下記の論文がヒット。
  『ニュー・ディールの美術行政とアメリカ美術』・・・主題は音楽ではなく美術だが、ニュー・ディール政策について述べられている。


3.OPACの音楽図書分類「762.53 音楽史. 各国の音楽. 音楽家>北アメリカ>アメリカ合衆国」で検索。下記の図書に関連する記述があった。
  『アメリカの音楽 : 植民時代から現代まで』・・・p.246-247でニューディール政策について触れている。
 

4.CiNii Articles をキーワード「ニューディール 音楽」で検索し、1件ヒット。(2020.11.26現在)
  『ニューディール時代の文化政策の現代的意義 : 社会資本から文化資本充実の政策への転換』
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jace1998/3/4/3_4_19/_pdf/-char/en

  1935年に始まる第二期ニューディール政策で、雇用促進局(WPA)を中心に連邦美術プロジェクト、連邦演劇プロジェクト、連邦音楽プロジェクト、連邦作家プロジェクトなどの芸術・文化政策の展開されたことについて紹介されている。連邦音楽プロジェクトについては15行程度。

5.2から4までの文献から、「ニューディール New deal」、「ルーズヴェルト Roosevelt」、「雇用促進局あるいは事業促進局 WPA(Works Progress Administration)」、「連邦音楽計画 Federal Music Project」など、関連する語が確認できた。
  再度『ニューグローヴ世界音楽大事典』を確認すると、「連邦公共事業促進局音楽支部(WPA)」の項目があった。

6.英語の文献
・参考図書『Resources of American music history : a directory of source materials from Colonial times to World War II』のindex「WPA」より、関連する資料を所蔵している機関を知ることができる。
・Grove Music Online (Oxford Music Online) 「Works Progress Administration」の項目に参考文献あり。下記の参考文献はデータベース「Proquest Dissertations and Theses」で検索して全文を見ることができる。
『THE FEDERAL MUSIC PROJECT OF THE WORKS PROGRESS ADMINISTRATION: MUSIC IN A DEMOCRACY / Canon, Cornelius Baird』
    https://search.proquest.com/docview/302138941/5DD4440DD1384D9BPQ/6?accountid=196832  (2020/11/26確認)
・jstor、RILM等のデータベースを5にあげた言葉で検索すると多数の文献あり。
・アメリカ議会図書館(The Library of Congress)に、「Federal Music Project collection」のページあり。
    https://www.loc.gov/item/2006560198/  (2020/11/26確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
参考資料
(Reference materials)
"ニュー・ディールの美術行政とアメリカ美術". 河内信幸. 桐朋学園大学研究紀要. 1982, 第8集, p.1-11. (ZA05-056)
アメリカの音楽 : 植民時代から現代まで. 奥田恵二. 音楽之友社, 1970. (U02-048)
"ニューディール時代の文化政策の現代的意義 : 社会資本から文化資本充実の政策への転換". 出口正之. 文化経済学. 2003, 3(4), p.19-25.
Resources of American music history : a directory of source materials from Colonial times to World War II. Krummel et al. University of Illinois Press, c1981. (T00-798) [参 762.53]
キーワード
(Keywords)
ニューディール政策 ニュー・ディール New Deal
フランクリン・ルーズベルト Franklin D. Roosevelt
連邦音楽プロジェクト Federal Music Project
雇用促進局 WPA Works Progress Administration
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000289604解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!