このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2020-075
事例作成日
(Creation date)
2020年07月29日登録日時
(Registration date)
2020年11月17日 10時18分更新日時
(Last update)
2021年04月21日 15時19分
質問
(Question)
プラネタリウム投影機の世界シェアは、五藤光学研究所とコニカミノルタプラネタリウムの2社で半分近くを占めているようだが、他のメーカーのシェアについて知りたい。
回答
(Answer)
他メーカーのシェアについて、近年の情報を確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 オンラインデータベースを調査する。
(1)《日経BP記事検索サービス》(日経BP社)を〈世界シェア & プラネタリウム〉で検索する。
「技術&トレンド プラネタリウム本物を超えた"夜空"」(『日経ビジネス 2012年3月5日』p116-118 日経BP社 2012.3)
 p118大平技研についての記述あり。シェアについての記述なし。
「プラネタリウム世界シェア4割を握るー五藤光学研究所 星空、恐竜、海底!?進化しながら独走」(『日経TRENDY 2007年4月号』p162-164 日経BP社 2007.4)
 p162「社員130人余りの中小企業ながら、プラネタリウムの世界シェア4割を握る。」とあり。

(2)《ELNET ELDBアカデミック》(ELNET)を〈プラネタリウム & 世界シェア〉で検索する。
「探訪都の企業 府中編 上 世界一リアルな星空 プラネタリウム投影機 五藤光学研究所」『東京新聞 2014年1月9日 朝刊 1面』
 「今では世界シェア4割のトップメーカーだ。」とあり。

(3)《毎索》(毎日新聞社)を〈プラネタリウム & 世界シェア〉〈プラネタリウム & シェア〉で検索する。
「科学の森:プラネタリウムを巡る旅 国内に300以上、投影機製造は世界の半分近いシェア」『毎日新聞 2016年8月18日 朝刊 12面』
 「以前はカールツァイス社製を輸入していたが、近年は五藤光学研究所(東京都府中市)とコニカミノルタプラネタリウム(東京都豊島区)が国内の2大メーカーになり、両社で世界の半分近いシェアを占めると言われる。」とあり。
「日本の中野世界一 11 五藤光学研究所のプラネタリウム」『毎日新聞 1999年8月31日 朝刊 9面』
 「プラネタリウムの国内シェアの約70%、日本を含む世界のシェアの約半分を占めているのが五藤光学研究所(東京都府中市)だ。」とあり。

(4)《eol 企業情報データベース》(プロネクサス)をフリーワード〈プラネタリウム〉で検索する。
「(株)JVCケンウッド 有価証券報告書(2020年3月31日決算)」
 「第1 企業の概況」に売上収益あり。
 「第2 事業の状況」あり。

(5)《TSR企業情報ファイル CD・Eyes50》(東京商工リサーチ)を営業種目〈プラネタリウム〉や業種〈2751顕微鏡・望遠鏡等製造業〉で検索する。
 「コニカミノルタプラネタリウム(株)」「(株)五藤光学研究所」「(有)大平技研」「(株)アストロアーツ」(天文ソフトウェア開発業)「(株)渡辺教具製作所」(小型プラネタリウム製造業)の売上高などあり。

(6)《コンパス企業情報検索サービス》(コンパス・ジャパン)をブランド/商標名〈五藤〉で検索する。
「五藤光学研究所」
 「事業概要」あり。

2 《国立国会図書館リサーチ・ナビ》( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  国立国会図書館)を〈世界シェア & プラネタリウム〉で検索する。
「五藤光学研究所-プラネタリウム 世界シェア40%」(『日経ビジネス 号外』p24-26 日経BP社 2007.7)
木村元紀著「技あり! トップ企業(第19回)五藤光学研究所 プラネタリウム、全天周デジタル映像システムなどの製造 レンズの中に1万分の1ミリ単位の穴 プラネタリウム世界シェア40%」(『Fole 118』p38-40 みずほ総合研究所 2012.7)

3 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈プラネタリウム & カール〉〈プラネタリウム & 世界シェア〉で検索する。
 毛利勝廣[ほか]著「ネットワークを活用したプラネタリウム・コンサートの実践」(『情報文化学会誌 10(1)』p97-104 情報文化学会 2003.12)
 p98「プラネタリウム本機はドイツ(旧西)のカール・ツアイスIV型である。プラネタリウムというシステムを初めて開発し、星空の自然な再現性が特徴のツアイスプラネタリウ厶は、世界では6割以上のシェアを持つが、国内では小型機を入れても3カ所にしかない貴重な機器である。」とあり。(注)情報は2003年。

4 『外資系企業総覧 2019』(東洋経済新報社 2019)を確認する。
 p450「カールツァイス(株)」日本法人の売上高、親企業の売上高の記載あり。

5 《Google》( https://www.google.co.jp/webhp?hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiJtL7b0o7wAhXXFogKHS0oDgAQPAgI#spf=1618985374139 )を〈プラネタリウム & 協会〉で検索する。
《JPA 日本プラネタリウム協議会》( https://planetarium.jp/
 シェアの記載なし。
《五藤光学研究所》( https://www.goto.co.jp/
 《納入実績:海外》( https://www.goto.co.jp/delivery_destination/foreign/ )にシェアの記載なし。

〈その他調査済み資料〉
『日本マーケットシェア事典 2020年版』(全社横断プロジェクト推進室 矢野経済研究所 2020)
『業種別業界情報 2020年版』(中小企業動向調査会 経営情報出版社 2020)
『日経業界地図 2020年版』(日本経済新聞社 日本経済新聞出版社 2019)
『TDB業界動向 1 2020』(産業調査部情報企画課 帝国データバンク 2020)
『TDB業界動向 2 2020』(産業調査部情報企画課 帝国データバンク 2020)
『ビジネスデータ検索事典 データ&DATA』(日本能率協会総合研究所編 日本能率協会総合研究所 2012)
『日経シェア調査 2013年版』(日経産業新聞 日本経済新聞出版社 2012)
『世界業界地図 2008』(ローカス 2007)
『世界業界マップ 2013-14』(グローバル企業調査会著 ダイヤモンド社 2013)
『日経市場占有率 2011年版』(日経産業新聞 日本経済新聞出版社 2010)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2020年7月28日。
事前調査事項
(Preliminary research)
《ウィキペディア》「プラネタリウム」( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0  ウィキメディア財団)
《ウィキペディア》「五藤光学研究所」( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%97%A4%E5%85%89%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80  ウィキメディア財団)
NDC
企業.経営  (335 9版)
精密機器.光学機器  (535 9版)
商業  (670 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
プラネタリウム
マーケットシェア
市場占有率
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000289577解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!