このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
NIER2020005
事例作成日
(Creation date)
2020年10月23日登録日時
(Registration date)
2020年10月23日 17時50分更新日時
(Last update)
2021年01月25日 10時43分
質問
(Question)
明治時代に「学校建築図説明及設計大要」で「教室の窓は左側にし、光を生徒の左側からあたるようにする」と決められたのは、ノートをとる時、手の影で文字が見えにくくならないようにするためとされていますが、その根拠となる文献は?
回答
(Answer)
文部省学校衛生事項取調嘱託となった三島通良の以下の著作に光を左からという記述がある。

三島通良『学校衛生学』博文館,1893
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/809880
p.85
「必ず光線を左方より採り・・・右方は俗に之を手暗がりと稱して右来よりこれを擯斥したるところなり」
回答プロセス
(Answering process)
(1)NDLデジタルコレクションで調査
「学校建築図説明及設計大要」
→あり
 (内容の確認)→第一章(五)

「教室」「配置」「学校」「設備」「衛星」等で検索
→該当する資料なし


(2)CiNiiArticles、教育研究論文索引で検索
→該当する資料なし

(3)Google検索
「教室」「光」「左」「学校建築図説明及設計大要」
→以下の論文がヒット

 河合 務「A. ニューズホームの学校衛生論」
 URL: https://ci.nii.ac.jp/naid/120005691773

 p.62
 1891(明治24)年に文部省学校衛生事項取調嘱託となった三島通良
 (1866‐1925)の著書『学校衛生学』(1893 年)では,右側から採光することは「手暗がり」とな
 るので光線は必ず左側から採光すべきであると論じられている
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374)
参考資料
(Reference materials)
三島通良『学校衛生学』博文館,1893 ( https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/809880 )
河合 務「A. ニューズホームの学校衛生論」
地域学論集 : 鳥取大学地域学部紀要 12(2), 61-74, 2015-11 ( https://ci.nii.ac.jp/naid/120005691773 )
キーワード
(Keywords)
黒板に向かって左
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000288588解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!