このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
精華町立図書館 (2410019)管理番号
(Control number)
精華2020-008
事例作成日
(Creation date)
2020年10月11日登録日時
(Registration date)
2020年10月11日 16時52分更新日時
(Last update)
2021年04月21日 11時33分
質問
(Question)
京都府相楽郡精華町の「柘榴(ざくろ)」の地名の由来
回答
(Answer)
・『京都地名語源辞典』(吉田金彦,糸井遊浩,綱本逸雄/編、東京堂出版、2013年)KT291.6、P.256
・『精華町史 本文篇』 (精華町史編纂委員会/編、精華町、1996年)K216.2、P.250/P.584
・『私たちの相楽郡』 (相楽連合校長会/編、相楽郡誌刊行会、1959年)K216.2、P.87
・『角川日本地名大辞典 26 京都府上巻 総説・地名編』(角川日本地名大辞典編纂委員会/編、角川書店、1991年)R291、P.662
回答プロセス
(Answering process)
精華町の郷土コーナーの資料を見て探す。

1.『京都地名語源辞典』(吉田金彦,糸井遊浩,綱本逸雄/編、東京堂出版、2013年)P.256
  小字向井に日出神社(祭神・光明皇后)があり、境内には、神石と称し早魃の時に川に沈めると雨が降るといわれる雨乞い石がある。
  この石はもと西隣の奈良県生駒市鹿畑町に鎮座していて、延暦年間(782~806)ご神体の大石がここまで流れ巨木に留まったという。
  「石が木に留まる」、すなわち、「石留」の二字に、ともに木偏を副えて柘榴となったという。

2.『精華町史 本文篇』(精華町、1996年)P.250
   上流から流れてきた大石(雨乞い石)が、ここで木に引っかかって留まった伝説に因んで成立したと言われる地名。

3.『私たちの相楽郡』(相楽郡誌刊行会、1959年)P.87
   「地名起源の伝説」に記載有り

4.『角川日本地名大辞典 26 京都府上巻 総説・地名編』(角川書店、1991年)P.662
   一説に延暦年間、隣接する鹿畑から巨石が大洪水で流れ来て、巨松の下に留まったことから、「石が木に留まる」で柘榴となったという。
   (日出神社縁起)


以下の資料は、確認したが情報が載っていなかった。

・『京都滋賀古代地名を歩く 2』(吉田金彦/著、京都新聞社、1991年)K291.6、P.84
   祝園のことは書かれているが、柘榴のことは書かれていない。

・『日本歴史地名大系 26 京都府の地名』(平凡社、1981年)R291、P.109
   場所が詳しく書かれているが、由来は書かれていない。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土・ 地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000288175解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!