このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
8060672
事例作成日
(Creation date)
2020/09/02登録日時
(Registration date)
2020年10月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年10月22日 17時26分
質問
(Question)
貴館(関西館)のみご所蔵の以下の資料について内容の構成を教えてください。


 竹下俊郎 / メディア・フレーミング効果に関する実証的研究
 請求記号:Y151-H12610206
 国立国会図書館書誌ID:000007900021
 科研費課題番号:12610206
回答
(Answer)
ご照会の以下の資料(文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書)を確認しました。

タイトル     メディア・フレーミング効果に関する実証的研究
著者       竹下俊郎, 明治大学 [著]
出版事項     [竹下俊郎]
出版年月日等   2000-2001 2003.3
科研費課題番号  12610206
請求記号     Y151-H12610206

当該資料の構成は以下の通りです。

表紙 1ページ(ページ付無し)
標題紙 1ページ(ページ付無し)
はしがき 2ページ(ページ付無し)
目次 1ページ(ページ付無し)

1.本研究の理論的背景     竹下俊郎  pp.1-17
2.本研究の概要     竹下俊郎  pp.18-30
3.経済報道のフレーミング効果     竹下俊郎  pp.31-51
4.「大きな政府・日本的慣行」対「小さな政府・自己責任」    井田正道  pp.52-62

参考資料
資料1 意識調査 単純集計結果  pp.63-75
資料2 内容分析作業マニュアル  pp.76-79
資料3 グループインタビュー記録〔参考〕  pp.80-116

裏表紙 1ページ(ページ付無し) ※白紙
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
CiNii、科研費データベース、発行元大学HP等はすでに確認済みです。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
文献提供課(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000287667解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!