このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
精華町立図書館 (2410019)管理番号
(Control number)
精華2020-007
事例作成日
(Creation date)
2020年10月01日登録日時
(Registration date)
2020年10月01日 11時53分更新日時
(Last update)
2021年04月21日 11時33分
質問
(Question)
大佛次郎(おさらぎじろう)が、京都府京田辺市(きょうたなべし)にある観音寺(かんのんじ)について書いた作品を探している。
回答
(Answer)
『大佛次郎随筆全集 第2巻』「普賢寺」(朝日新聞社、1973年~1974年)914.6
『石の言葉:随筆集』(大佛次郎、光風車、1966年)914.6、P.253
回答プロセス
(Answering process)
観音寺がある京都府京田辺市は、精華町の北隣に位置する。

1.蔵書検索で調べるがヒットせず、K-Libnet(京都府図書館総合目録)や
  NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書目録 現:NDLオンライン)で検索するがヒットせず。

2.検索エンジンで大佛次郎の全集・叢書の内容一覧がないか検索すると、
  「研究余禄~全集目次総覧~」( http://kenkyuyoroku.blog84.fc2.com/
  (最終確認2020年10月14日)という個人のサイトが見つかる。
  『大佛次郎随筆全集』の内容が掲載されており、
  第2巻に「普賢寺(ふげんじ)」という作品が収録されていた。

3.観音寺は京田辺市の普賢寺(地名)にあったのではないかと思い、
  『京都古社寺辞典』(吉川弘文館編集部編、吉川弘文館、2012年)で調べると、
  その通りであった。

4.NDL-Searchで、「大佛次郎 普賢寺」で検索したところ、
  『大佛次郎随筆全集』のほかに、『石の言葉:随筆集』の本があり、
  国立国会図書館デジタルコレクションでも見られることが分かる。
  目次によると、P.253に記載があることを確認。

5.当館に所蔵がないため、他館から取り寄せて対応した。


※補足
  現在は、国立国会図書館のデジタル化資料送信サービスに参加しているため、
  当館の利用者登録があれば、館内で閲覧が可能。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
大佛次郎(おさらぎじろう)
観音寺(かんのんじ)
普賢寺(ふげんじ)
京都府京田辺市(きょうたなべし)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物 地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000287576解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!