このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110855
事例作成日
(Creation date)
2020年06月04日登録日時
(Registration date)
2020年09月18日 10時43分更新日時
(Last update)
2020年09月23日 09時41分
質問
(Question)
「芏苡」という語が、大正期の文書に出てくる。読みと意味を知りたい。
回答
(Answer)
下記資料1によると、「トイ」と読み、七島藺のこととある。

資料2によると「七島藺」(シチトウイ)は、「七島」(シチトウ)のことで、畳表などの材料とするカヤツリグザ科の多年草、とある。
回答プロセス
(Answering process)
『大漢和辞典』によると、「芏」の読みは「ト」または「ツ」で、草の名とし「ゐの一種。莞藺に似てゐる。海辺に生じ、席を織るに用いる」とある。また、「ト」「ヅ」とも読んで、草の名とし「海莧」とある。

また、「苡」については、同じく『大漢和』に「イ」と読んで「芣苡はおおばこ」、また「シ」「ジ」と読んで「薏苡ははとむぎ」、また「クワ」「ワ」と読んで「婆苡室韋は、北狄の別種」とある。

いずれも「芏苡」についての記載はない。

『日本国語大辞典 第2版』には「トイ」「トシ」「トジ」「トクワ(トカ)」「トワ」「ツイ」「ツシ」「ツジ」「ツクワ(ツカ)」「ツワ」「ヅイ」「ヅシ」「ヅジ」「ヅクワ(ヅカ)」「ヅワ」の見出し語で、「芏苡」の字が用いられたものはなかった。

GoogleBook検索にて、完全一致「芏苡」で検索、ヒットした結果に『山口県政史』があり、現物を確認。読み等あり。

「七島藺」について『日本国語大辞典 第2版』で調べる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.山口県/編 , 山口県. 山口県政史 上. 山口県, 1971.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005656815-00  (p614)
2.日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第6巻 第2版. 小学館, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003013601-00 , ISBN 4095210060 (p798-799)
キーワード
(Keywords)
漢字
読み
難読
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000287299解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!