このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001045211
事例作成日
(Creation date)
2020/07/14登録日時
(Registration date)
2020年09月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年09月16日 00時30分
質問
(Question)
メガネフレームの変遷についての資料を紹介してほしい。イラストか写真があれば望ましい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『メガネ博物誌』(R.コーソン 著,梅田晴夫 訳 東京書房社 東京 1972 )
劇中の眼鏡に正しい時代考証を施すための知識を伝えることを目的として執筆された、眼鏡の流行についての研究書。
ヨーロッパで眼鏡が発明された13世紀から、1966年までの700年間における、眼鏡の型の変遷について、それらがつくられた時代背景や歴史を踏まえ、約650点の図版とともに紹介されています。

『眼鏡の社会史』(白山晰也/著 ダイヤモンド社 東京 1990.11)
p.210-211 「図9-3 メガネの変遷について」に、13世紀の単玉レンズメガネから14~15世紀ブリッジメガネ、16、17世紀~ひもつきや、つる付きめがね、18世紀~耳かけめがね、モンクル(レンズのみ)、19世紀以降ふちなしめがね等の変遷図があります。

『眼鏡の歴史』(大坪元治/著 日本眼鏡卸組合連合会 東京 1960)
主に日本の江戸時代からメガネの歴史について記述されており、巻末 第四部「メガネ変遷写真史」に、足利義明や徳川家康のメガネなど主に日本の江戸時代からのメガネの写真が約60点掲載されています。


<WEB>
・「メガネ・ポータル メガネの総合情報サイト」(日本医用光学機器工業会)(2020/7/14/現在)
http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/columns/history.html
「メガネの歴史」のページがあり、メガネの歴史について、13世紀後半から20世紀(1980年代後半)までイラスト入りで変遷図があります。

・「東京メガネ」ホームページ(2020/7/14/現在)
https://www.tokyomegane.co.jp/museum/progress/
「メガネの歴史」のページがあり、紀元前から1920年代ごろまでのメガネフレームの写真が簡単な解説付きで掲載されています。

[事例作成日:2020年7月14日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
精密機器.光学機器  (535 10版)
参考資料
(Reference materials)
メガネ博物誌 R・コーソン∥著 東京書房社 1972
眼鏡の社会史 白山/晰也∥著 ダイヤモンド社 1990.11 (210-211)
眼鏡の歴史 大坪/元治∥著 日本眼鏡卸組合連合会 1960
http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/columns/history.html  (「メガネ・ポータル メガネの総合情報サイト」(日本医用光学機器工業会)(2020/7/14/現在))
https://www.tokyomegane.co.jp/museum/progress/  (「東京メガネ」ホームページ(2020/7/14/現在))
キーワード
(Keywords)
メガネフレーム(メガネフレーム)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000287198解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!