このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
5220006625
事例作成日
(Creation date)
2020年07月27日登録日時
(Registration date)
2020年08月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年10月04日 00時30分
質問
(Question)
アルベール・カミュ著『ペスト』のような感染症やパンデミックを扱った小説があれば読みたい。著名な作家のものがよい。
回答
(Answer)
新聞や雑誌、webサイトなどで掲載された、感染症について書かれた小説などの本の特集や記事で、下記の資料が紹介されていました。

(1)朝日新聞 2020年4月15日 夕刊 2面 「感染症扱う小説や歴史書に注目 カミュ「ペスト」15万部増刷」
紹介されていた作品:カミュ『ペスト』、高嶋哲夫『首都感染』、小松左京『復活の日』、吉村昭『破船』
(以下4冊はノンフィクションや人文書です)村上陽一郎『ペスト大流行』、内務省衛生局『流行性感冒「スペイン風邪」大流行の記録』、ウィリアム・H・マクニール『疫病と世界史』、山本太郎『感染症と文明』

(2)朝日新聞 2020年3月25日 夕刊 2面  「(新型コロナ)脅威と向き合うために 読むべき一冊、6人が寄稿」
紹介されていた作品:篠田節子『夏の災厄』、澤田瞳子『火定』、皆川博子「疫病船」(短編)、小林照幸『検疫官』、川端裕人『エピデミック』、ホーフマンスタール「騎士バッソンピエールの奇妙な冒険」(短編)

(3)読売新聞 2020年4月13日 夕刊 8面 「感染症 名作が記す道標」
紹介されていた作品:ボッカッチョ『デカメロン』、ダニエル・デフォー『ペスト』、カミュ『ペスト』、A・マンゾーニ『いいなづけ』、チェーホフ「チフス」(短編)、小松左京『復活の日』、高嶋哲夫『首都感染』
(こちら1冊は人文書です)山本太郎『感染症と文明』

(4)産経新聞 2020年7月27日 朝刊 5面 「【コロナ 知は語る】 日本文学研究者 ロバート・キャンベル氏 江戸時代に学ぶ 社会の底力 テレワークは革命的。若い人に起業のチャンス」
紹介されていた作品:式亭三馬『麻疹戯言(ましんきげん)』、(作者不明)『麻疹癚語(ましんせんご)』、金屯道人『安政箇労痢流行記(あんせいころりりゅうこうき)』(※記事中の表記は『安政頃痢流行記』)

(5)産経新聞 2020年6月29日 朝刊 13面 「「隔離の島」文庫化 感染症の極限状況描く 翻訳の中地さん「感覚的描写も素晴らしい」」
紹介されていた作品:カミュ『ペスト』、ル・クレジオ『隔離の島』 

(6)日本経済新聞 2020年5月5日 朝刊 24面 「疫病の文明論(2)文学の力-沼野充義、仕事を果たす「誠実さ」描く、必要な勇気とモラル示す(文化)」
紹介されていた作品:トゥキュディデス『戦史』(※歴史書)、カミュ『ペスト』、カレル・チャペック『白い病』(※戯曲)、小松左京『復活の日』

(7)日本経済新聞 2020年5月2日 夕刊 6面 「注目集まる「疫病文学」―心のよりどころ求めて(ホビー人国記)」
紹介されていた作品:カミュ『ペスト』、マンゾーニ『いいなづけ』、ボッカッチョ『デカメロン』、ダニエル・デフォー『ペストの記憶』、トーマス・マン『ヴェニスに死す』、志賀直哉「流行感冒」(短編)、武者小路実篤『愛と死』、尾崎紅葉「青葡萄」(短編)、砂川文次『臆病な都市』

(8)日本経済新聞 2020年3月31日 夕刊 14面 「感染症との戦い書籍から学ぶ-歴史・教科書やSF小説に注目」 
紹介されていた作品:小川一水『天冥の標(しるべ)Ⅱ』、高嶋哲夫『首都感染』、カミュ『ペスト』、小松左京『復活の日』
(以下4冊はノンフィクションや人文書です)ウィリアム・H・マクニール『疫病と世界史』、村上陽一郎『ペスト大流行』、山本太郎『感染症と文明』、押谷仁・瀬名秀明対談『パンデミックとたたかう』

(9)『Newsweek ( ニューズウィーク日本版 ) 2020-4・7 / 第35巻 14号 / 1688号 コロナ危機後の世界経済』 CCCメディアハウス 2020.04
p.50-51「パンデミック文学から学べること──コロナ禍をどう生きるか」
紹介されていた作品:ホメロス『イリアス』(叙事詩)、ジョバンニ・ボッカッチョ『デカメロン』、スティーブン・キング『ザ・スタンド』、メアリー・シェリー『最後のひとり』、エドガー・アラン・ポー「赤死病の仮面」(短編)
日本では未翻訳の作品:Deon Meyer『Fever』、Ling Ma『Severance』、N. K. Jemisin「The Broken Earth Trilogy: The Fifth Season, The Obelisk Gate, The Stone Sky」、Claire G. Coleman『Terra Nullius』
こちらの記事はwebサイトでも読むことができます。
Newsweek(ニューズウィーク日本版)「パンデミック文学から学べること──コロナ禍をどう生きるか」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/post-92939.php  (2020.8.19確認)

(10)P+D MAGAZINE「いまこそ読みたい、「感染症」や「パンデミック」について考えられる本」 
https://pdmagazine.jp/works/pandemic/  (2020.8.19確認)
株式会社小学館が運営する、本の紹介サイトです。
紹介されていた作品:カミュ『ペスト』、マンゾーニ『いいなづけ』、モーム『サナトリウム』


また、上述(2)の記事にて「かつて疫病小説全集を提唱した澁澤龍彦(略)」との一文がありましたので、澁澤龍彦氏の著作を確認したところ、下記の評論が見つかりました。
(11)『澁澤龍彦西欧文芸批評集成(河出文庫 し1-61)』 (澁澤 龍彦/著 河出書房新社 2011.1) 
「暗黒文学・怪奇文学」の章、p.111-112「疫病文学」にて、「旧約のヨブ記からはじまって、ルクレティウスの『万象論』の最後の部分、ジロラモ・フラカストロの『ジフィリデス』、ボッカチオの『デカメロン』の序、デフォーの『疫病流行記』、ポーの『赤死病の仮面』、ユイスマンスの『スヒーダムの聖女リドヴィナ』、リラダンの『ポートランド公爵』(古代のレプラを扱っている)、マルセル・シュオッブの『黄金仮面の王』(これもレプラ)、ルノルマンの『モロッコの春』(天然痘)、ミシェル・レリスの『癲癇』、ジョゼフ・デルテイユの『コレラ』、それにホーフマンスタールの『バッソンピエール元帥綺譚』にいたるまで、あらゆる難病や悪疫をテーマ作品を集めて疫病文学選集というのを作ったらおもしろかろう(略)」と記述がありました。

また、小説ではありませんが、ノンフィクションの特集も見つかりましたので、あわせてご紹介いたします。
(12)読売新聞 2020年6月1日 東京夕刊 夕書評 p.7 「感染症の本 相次ぎ復刊 闘いの歴史 生々しく」 
紹介されていた作品:金森修『病魔という悪の物語』、リチャード・プレストン『ホット・ゾーン』、ロバート・ウェブスター『インフルエンザ・ハンター』、小林昭幸『死の虫』、大島みち子・河野実『愛と死を見つめて』
こちらの記事にて、下記岩波書店のホームページでの特集も紹介されていました。
岩波書店ホームページ 「〈特集〉感染症を考える」  https://www.iwanami.co.jp/news/n33924.html  (2020.8.19確認)
回答プロセス
(Answering process)
1.Googleにて、“感染症”ד小説”で検索、 (資料9)のweb版と(資料10)を見つける。
2.商用データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」を“感染症”ד小説”で検索、(資料1)(資料2)を見つける
3.商用データベース「ヨミダス歴史館」を“感染症”ד小説”で検索、(資料3)を見つける
4.商用データベース「産経データベース」を“感染症”ד小説”で検索、(資料4)(資料5)を見つける
5.商用データベース「毎索」を“感染症”ד小説”で検索、特集記事見つからず
6.商用データベース「日経テレコン」を“感染症”ד小説”で検索、(資料6)(資料7)(資料8)を見つける
7.プロセス2で見つけた記事「脅威と向き合うために」に「かつて疫病小説全集を提唱した澁澤龍彦」とあったため、当館書誌検索にて、キーワード“疫病”ד澁澤龍彦”で検索、(資料11)が見つかる
8.プロセス1で見つかったNewsweekの雑誌記事を確認。(資料9)
8.プロセス3で見つかった記事「感染症の本 相次ぎ復刊 闘いの歴史 生々しく」に記載のあったwebサイトを確認(資料13)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <5114844214> [巻号] Newsweek ( ニューズウィーク日本版 ) 2020-4・7 / 第35巻 14号 / 1688号 コロナ危機後の世界経済  CCCメディアハウス 2020.04  (資料9)
当館書誌ID <0012214557>  澁澤龍彦西欧文芸批評集成(河出文庫 し1-61) 澁澤 龍彦/著 河出書房新社 2011.1 978-4-309-41062-3 (資料11)
朝日新聞 2020年4月15日 夕刊 2面 「感染症扱う小説や歴史書に注目 カミュ「ペスト」15万部増刷」 (資料1)
朝日新聞 2020年3月25日 夕刊 2面  「(新型コロナ)脅威と向き合うために 読むべき一冊、6人が寄稿」 (資料2)
読売新聞 2020年4月13日 夕刊 8面 「感染症 名作が記す道標」 (資料3)
産経新聞 2020年7月27日 朝刊 5面 「【コロナ 知は語る】 日本文学研究者 ロバート・キャンベル氏 江戸時代に学ぶ 社会の底力 テレワークは革命的。若い人に起業のチャンス」 (資料4)
産経新聞 2020年6月29日 朝刊 13面 「「隔離の島」文庫化 感染症の極限状況描く 翻訳の中地さん「感覚的描写も素晴らしい」」 (資料5)
日本経済新聞 2020年5月5日 朝刊 24面 「疫病の文明論(2)文学の力-沼野充義、仕事を果たす「誠実さ」描く、必要な勇気とモラル示す(文化)」 (資料6)
日本経済新聞 2020年5月2日 夕刊 6面 「注目集まる「疫病文学」―心のよりどころ求めて(ホビー人国記)」 (資料7)
日本経済新聞 2020年3月31日 夕刊 14面 「感染症との戦い書籍から学ぶ-歴史・教科書やSF小説に注目」 (資料8)
読売新聞 2020年6月1日 東京夕刊 夕書評 p.7 「感染症の本 相次ぎ復刊 闘いの歴史 生々しく」 (資料12)
パンデミック文学から学べること──コロナ禍をどう生きるか  https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/post-92939.php  (資料9)web版
P+D MAGAZINE 「いまこそ読みたい、「感染症」や「パンデミック」について考えられる本」  https://pdmagazine.jp/works/pandemic/  (資料10)
岩波書店ホームページ 「〈特集〉感染症を考える」  https://www.iwanami.co.jp/news/n33924.html  (資料13)
キーワード
(Keywords)
感染症
疫病
疫病文学
パンデミック
澁澤龍彦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000286318解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!