このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2020-066
事例作成日
(Creation date)
2019年09月18日登録日時
(Registration date)
2020年08月14日 15時49分更新日時
(Last update)
2021年04月15日 16時41分
質問
(Question)
豊臣秀吉の子の秀頼は秀吉の子ではないという説について書かれている本を見たい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

『北政所と淀殿』(小和田哲男著 吉川弘文館 2009)
 p65に該当記述あり。
『河原ノ者・非人・秀吉』(服部英雄著 山川出版社 2012)
 p599-678「第十一章 秀頼の父」に該当記述あり。
『完訳 フロイス日本史5 豊臣秀吉篇II』(ルイス・フロイス著 松田毅一[ほか]訳 中央公論新社 2000)
p183に該当記述あり。
『淀殿』(福田千鶴著 ミネルヴァ書房 2007)
 p19-23に該当記述あり。
『秀吉の虚像と実像』(堀新[ほか]編 井上泰至〔ほか]執筆 笠間書院 2016)
 p185に該当記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈豊臣秀頼〉〈淀君〉〈淀殿〉検索する。
 『北政所と淀殿』(小和田哲雄 吉川弘文館 2009)
  p65の引用文献あり。

2 1の引用文献『完訳 フロイス日本史5 豊臣秀吉篇II』を確認する。
          
3 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈豊臣秀頼 & 父親〉で検索する。

4 NDC分類〈289.1〉の棚を確認する。
 『秀吉の虚像と実像』のp191に参考文献として跡部信著「秀頼は実子ではなかったのか?」(『本郷』一一三、二〇一四年)」とあり。

5 4の参考文献を確認する。

6 《国立国会図書館レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国立国会図書館)を〈秀頼 & 実子〉で検索する。
「1 大阪夏・冬の陣の前に豊臣家家老「大野治長」と秀吉の妻淀殿が同じ部屋から出てきたのを見た人が毛利家に2度手紙を出したそうである。この2通の手紙を見たい。内容は、「秀吉に似ていないし、父親は本当は大野治長である」というものである。
2 フロイスが「秀吉には300名の女がいたが、淀殿だけに子供ができるのを不思議がっている」と言っている。この記述のある資料を見たい。」(埼玉県立久喜図書館  http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096953

7 6の参考資料を確認する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2019年9月18日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『北政所と淀殿』(小和田哲雄 吉川弘文館 2009), ISBN 978-4-642-05674-8
『河原ノ者・非人・秀吉』(服部英雄著 山川出版社 2012), ISBN 978-4-634-15021-8
『完訳 フロイス日本史5 豊臣秀吉篇II』(ルイス・フロイス著 松田毅一[ほか]訳 中央公論新社 2000), ISBN 978-4-12-203584-3
『淀殿』(福田千鶴著 ミネルヴァ書房 2007), ISBN 978-4-623-04810-6
『秀吉の虚像と実像』(堀新[ほか]編 井上泰至[ほか]執筆 笠間書院 2016), ISBN 978-4-305-70814-4
キーワード
(Keywords)
豊臣 秀頼(トヨトミ ヒデヨリ)
日本-歴史-安土桃山時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
歴史
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000285847解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!