このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1670
事例作成日
(Creation date)
2020/07/14登録日時
(Registration date)
2020年08月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月14日 00時30分
質問
(Question)
牛久の久野城について書かれた資料はないか。
回答
(Answer)
次の資料を紹介する。
・『牛久市史 原始古代中世』(牛久市史編さん委員会編/牛久市/2004.3)…p406-412
・『稲敷郡志』(野口如月/崙書房/1975)…p70
・『図説茨城の城郭 改訂版 [正]』(茨城城郭研究会編/国書刊行会/2017.7)…p231-232
・『史跡散策』(鈴木光夫/牛久町教育委員会/1976.7)…p18-21
回答プロセス
(Answering process)
1.牛久の郷土資料の棚をブラウジングし、次の資料にあたる。
(1)『牛久市史 原始古代中世』(牛久市史編さん委員会編/牛久市/2004.3)
…p406-412に久野城はJR牛久駅の東方約6.5キロ、乙戸川北岸の台地上に位置し、江戸城を本拠にする広域領主である土岐氏の支城として、戦国時代に築かれ、軍事的機能を優先させた城としてイメージが強い。土岐氏は、有力支城である木原城と竜ヶ崎城の中継地点として貝原塚城とともにこの城を築いたとされる。久野城の縄張についての説明と縄張図あり。『稲敷郡志』を参考文献として提示あり。
 
(2)『史跡散策』(鈴木光夫/牛久町教育委員会/1976.7)
…p18-21久野城の攻防について記載あり。『稲敷郡志』を参考文献として提示あり。
 
2.(1)(2)より次の資料にあたる。
(3)『稲敷郡志』(野口如月/崙書房/1975)
…p70の奥野村の名勝奮蹟に「久野城址」と「久野城の戦蹟」についての記述あり。久野城は大字久野字延命寺山にあり、土岐氏の配下にあった。江戸崎監物の配下の桂左衛門に攻められ、久野城主野口式部は防戦するが、城は陥落したとの記述あり。

3.茨城県の城に関する資料にないかと考え、茨城の歴史関係の資料の棚をブラウジングし、次の資料にあたる。
(4)『図説茨城の城郭 改訂版 [正]』(茨城城郭研究会編/国書刊行会/2017.7)
…p231-232に久野城が築城された経緯、城の構成、縄張図(『牛久市史 原始古代中世』の三島正之の図を参考)の記述あり。
 
→(1)~(4)の資料を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 10版)
日本  (291 10版)
参考資料
(Reference materials)
B10443076 牛久市史 原始古代中世 牛久市史編さん委員会/編 牛久市 200403
B10739558 図説茨城の城郭 [正] 茨城城郭研究会/編 国書刊行会 2017.7 213.104 978-4-336-06153-9 (改訂版)
B10356430 稲敷郡志 野口如月/著 崙書房 1975 291.31
B10127409 史跡散策 鈴木 光夫/著 牛久町教育委員会 1976.7 291.31
キーワード
(Keywords)
久野城
牛久市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000285826解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!