このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鹿児島県立図書館 (2110041)管理番号
(Control number)
鹿県図-200033
事例作成日
(Creation date)
2020/8/6登録日時
(Registration date)
2020年08月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月07日 00時30分
質問
(Question)
1928(昭和3)年5月30日に、奄美大島で毒ガニを食べて一家5人が食中毒になった事件があった。
一家5人の性別・年齢・家族構成が知りたい。
回答
(Answer)
●資料1が最も詳しい資料である。
資料1 「南西諸島における毒ガニ中毒事件」に家族の氏名,年齢の記載あり。ただし,子どもの性別は不明。
※資料1は,奄美図書館所蔵(禁帯出本・2019年現在)。

●資料2~5は簡潔に記載されている資料
資料2 「毒ガニの覇者ウモレオウギガニ」の項に,記述あり。
     「図表5-1 カニ中毒の一例」と題した図がある。引用元に『鹿児島県大島支庁パンフレット「南西諸島の《毒ガニ》に注意!」』(1968年2月)とある。

資料3 資料1と同様の記述あり。

資料4 「スベスベマンジュウガニ」の項があり,「事故実例」の中で資料1と同様の記述あり。

資料5 「猛毒動物への対応」-「カニ毒」のところに,資料1と同様の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄有毒害生物大事典 動物編 白井/祥平?著 新星図書出版 1982 K48/シ82 241

2 フグはなぜ毒をもつのか 野口/玉雄?著 日本放送出版協会 1996.5 468.8/ノ96 146-149

3 フグはなぜ毒で死なないか 吉葉 繁雄/著 講談社 1989.02 491.5/ヨ89 219-220

4 野外における危険な生物 日本自然保護協会?編集・監修 思索社 1982.8 4819/ニ82 80

5 猛毒動物の百科 今泉 忠明/著 データハウス 1999.06 481.9/イ94 170

1 海洋危険生物 小林/照幸?著 文芸春秋 2002.2 481.9/コ002

2 身のまわりの毒 Anthony T.Tu?著 東京化学同人 1988.2 519/ア88

3 事件からみた毒 Anthony T.Tu?編著 化学同人 2001.8 491.5/テ001

4 海洋動物の毒 塩見/一雄?共著 長島/裕二?共著 成山堂書店 2000.10 481.7/シ97

5 有毒有害魚貝類による食中毒 海沼 勝/著 医歯薬出版 1982 4931/カ82

6 魚貝類とアレルギー 塩見/一雄?著 成山堂書店 2013.4 493.1/シ003

7 野外毒本 羽根田/治?著 山と渓谷社 2004.8 481.9/ハ004

8 警察風土記 鹿児島県警察本部教養課/編 鹿児島県警察本部教養課 1970. K31/カ70

9 鹿児島県警察史 第2巻 鹿児島県警察史編さん委員会/編集 鹿児島県警察本部 1972 K31/カ72/2
キーワード
(Keywords)
ウモレオウギガニ ハムガン アカモンガニ 名瀬市大熊 カニ毒 スベスベマンジュウガニ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
奄美図書館にも同様の調査依頼をかけており,資料1については奄美図書館が行った調査・回答である。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000285614解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!