このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000053521
事例作成日
(Creation date)
2020/05/23登録日時
(Registration date)
2020年06月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年07月15日 15時53分
質問
(Question)
市販のわらび餅で、タピオカ粉を使っていると思われるものでも、「加工でん粉」という表示がされているが、
タピオカ粉と表示しなくてよいのか。
回答
(Answer)
添加物として加工デンプンを使用している場合、それを表示する必要がある(表示は「加工デンプン」)が、
原料としてタピオカでん粉が使用されている場合、それを表示しなくてもいのか?に関して、はっきりしたことは分からなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『食品添加物用語の基礎知識』(マガジンランド 2019.7)
p220~加工デンプンについて。
食品表について、「基本的には、加工デンプンだけでよい。数種類の加工デンプンを混ぜて(併用して)使用した場合もこれでよい」とある。

消費者庁
食品表示基準に係る通知・Q&Aについて
「食品表示基準について」
5p
(4)添加物の項目に、物質名の表示において簡略名を用いることができることが記載されている。

別添 添加物の表を見ると、簡略名として加工デンプンと書かれているものが載っている。


8p
「「わらび餅」などの加工食品の表示に当たっては、添加物として加工デンプンを表示する必要がある」とある。

検索サイトで、「わらび餅 食品表示」で検索。でてきた画像を見ると、
原材料の欄に、わらび粉(タピオカでん粉・・・・)と書かれているものがある。また、わらび粉の原材料を表示していないものも多い。

『はじめてでもおいしく作れる和のお菓子』(家の光協会)p65によると、
わらび粉100%のものを「本わらび粉」、カンショでんぷんやタピオカでんぷんを加えたものを「わらび粉」「わらび粉餅」として区別している。

消費者庁サイト
食品表示基準
第2章加工食品
第三条 原材料名1 二 ロ
複合原材料の製品の原材料に占める重量の割合が5%未満である場合又は複合原材料の名称からその原材料が明らかである場合には、当該複合原材料の原材料の記載を省略することができる

『食品表示法ガイドブック』(ぎょうせい 2016)
p43~加工食品の表示について解説あり。


わらび粉が、「複合原材料の名称からその原材料が明らかである場合」であるのかどうかは、分からなかった。

タピオカでん粉が使用されている場合、それを表示しなくてもいのか?に関して、はっきりしたことは分かりませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『食品添加物用語の基礎知識』 小薮 浩二郎/監修 マガジンランド
『食品表示法ガイドブック』 森田 満樹/編著 ぎょうせい
『はじめてでもおいしく作れる和のお菓子』 和のお菓子大好き!の会/編 家の光協会
キーワード
(Keywords)
ショクヒンヒョウジ(食品表示)
カシ(菓子)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000283305解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!