このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2020口頭0602
事例作成日
(Creation date)
2020年06月08日登録日時
(Registration date)
2020年06月08日 10時34分更新日時
(Last update)
2020年06月22日 13時35分
質問
(Question)
健康食品の素材として使用されている「モリンガ(ワサビノキ)」の栄養成分や安全性について記載している論文を探している。調べ方を教えてほしい。
回答
(Answer)
モリンガ(ワサビノキ)の栄養成分や安全性について記載している論文の調べ方として、インターネット情報1を紹介します。インターネットの最終アクセス日は2020年5月20日です。

インターネット情報1
素材情報データベース(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/indiv.html
健康食品の素材(原材料)について、概要や成分の特性・品質、有効性、安全性などの情報を調べることができるデータベースです。素材ごとに、掲載されている情報の出典が、参考文献として紹介されています。
トップページの検索窓に「モリンガ」または「ワサビノキ」と入力し、検索します。検索結果から「モリンガ、ワサビノキ」を選択し、「すべての情報を表示」をクリックすると、詳細な情報を見ることができます。「総合評価」の項目の最後に参考文献が掲載されており、モリンガ(ワサビノキ)の栄養成分や安全性について記載している論文の書誌事項がわかります。書誌事項のリンクをクリックすると、米国国立医学図書館(NLM)の下部組織である国立生物工学情報センター(NCBI)が提供するPubMed( https://pubmed.gov/ )で、さらに詳細な書誌情報を確認できます。また、一部の論文はNCBIが提供するPMC( https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/ )で全文を閲覧可能です。
なお、アクセス日時点の情報ですが、「総合評価」では、モリンガの有効性について「信頼できる十分な情報は見当たらない。」、安全性については「子宮収縮や流産の可能性があるため、妊娠中に根、樹皮、花、葉を摂取することはおそらく危険である。」「授乳中の安全性について十分な情報が見当たらないため使用を避ける。」などとされています。

国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」内の調べ方案内でも、食品工学に関する調べ方を紹介していますので、あわせてご覧ください。
・食品工学について調べる( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-428.php
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
モリンガ
ワサビノキ
健康食品
栄養成分
安全性
素材情報データベース
PubMed
PMC
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
科学技術
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000282874解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!