このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000029829
事例作成日
(Creation date)
2019年01月16日登録日時
(Registration date)
2020年06月06日 09時53分更新日時
(Last update)
2020年06月06日 09時53分
質問
(Question)
『宮滝御幸記』は誰が書いたのか。また、収録された資料はあるか。
回答
(Answer)
『宮滝御幸記』(みやたきごこうき)は菅原道真が書いた資料。逸書(原書は残っていない)。
逸文は、
「扶桑略記 醍醐天皇上寛平十年改昌泰元年十月廿日(『国史大系12巻』p.167収録)
「袋草子」(『日本歌学大系2巻』p.7収録)
「後撰集正義」(『日本歌学大系別5』pp.378-379)
に引用されている。
回答プロセス
(Answering process)
1. OPAC調査:
『菅原道真論集』(和漢比較文学会/編 勉誠出版 2003.2)に
「菅原道真作『宮滝御幸記』考 」あり。
  国立国会図書館所蔵調査:収録された資料は不明
  ※上記の論文は『帝塚山学院短期大学研究年報. (27)』に収録されている。DBで閲覧可能

2.『国書総目録』調査:『宮滝記』として記載有り

3.参考図書調査:
 『菅原道真事典』pp.233-234
 『日記文学事典』pp.340-341
 等に説明あり。
現在には伝わっていないが、
 「扶桑略記 醍醐天皇上寛平十年改昌泰元年十月廿日」「袋草子」「後撰集正義」に逸文掲載
 と情報あり。
 他、参考文献の記載あり

4.参考文献調査:追加情報なし

5.上記を収録している資料を調査
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 10版)
日記.書簡.紀行  (915 10版)
参考資料
(Reference materials)
黒板 勝美/編輯 , 黒板‖勝美. 国史大系 第12巻 新訂増補. 吉川弘文館, 1965.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005596498-00  (p.167)
佐佐木 信綱/編 , 佐佐木‖信綱. 日本歌学大系 第2巻. 風間書房, 1977.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005619408-00  (p.7)
久曽神昇 編 , 久曽神, 昇, 1909-2012. 日本歌学大系 別巻 第5. 風間書房, 1981.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001530767-00 , ISBN 475990557X (pp.378-379)
石原昭平 [ほか]企画編集 , 岩佐美代子, 津本信博, 宮崎莊平 編 , 石原, 昭平, 1933- , 岩佐, 美代子, 1926-2020 , 津本, 信博, 1940-2007 , 宮崎, 荘平, 1933-. 日記文学事典. 勉誠出版, 2000.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002936205-00 , ISBN 4585060111 (pp.340-341)
神社と神道研究会 編 , 神社と神道研究会. 菅原道真事典. 勉誠出版, 2004.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007614878-00 , ISBN 4585060448 (pp.233-234)
石原昭平 著 , 石原, 昭平, 1933-. 平安日記文学の研究. 勉誠社, 1997.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002581573-00 , ISBN 4585100156 (pp.117-133)
キーワード
(Keywords)
「宮滝御幸記」
菅原道真
宇多天皇
宮滝
御幸記
扶桑略記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282828解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!