このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
関西大学図書館 (3310026)管理番号
(Control number)
関大総図 19A-16J
事例作成日
(Creation date)
2019年08月02日登録日時
(Registration date)
2020年06月05日 16時22分更新日時
(Last update)
2021年03月16日 14時17分
質問
(Question)
大塚虎雄の著作権が本当に保護期間を満了しているのか知りたいので、
生没年を調査してほしい。

なお大塚の著作には、以下のようなものがある。
『学界異聞』 https://id.ndl.go.jp/bib/000000745403 【最終アクセス2020/06/05】
『学界新風景』 https://id.ndl.go.jp/bib/000000745683 【最終アクセス2020/06/05】
回答
(Answer)
以下3点の資料が確認できました。

1.『文芸年鑑 1939年版』に死去した年月日あり。“昭和12年12月4日死去。享年36”とのこと。
2.『文芸春秋』34(12)の「回想の帝大新聞」の記事中p.278に“大塚虎雄氏(死去)”とある。34(12)は昭和31年12月1日発行。
3.『東京日日新聞』昭和12年12月5日朝刊11頁に写真入りの訃報記事あり。

以上の情報により、大塚虎雄の著作権は既に著作権保護期間満了、
1988(昭和63)年1月1日よりパブリックドメインになったと判断できます。
ただし、いずれの資料でも生年月日は確認できませんでした。


【2021/3/16追記】
レファ協事務局ご担当者さまよりコメントいただきました。
当事例をWeb NDL Authoritiesの事務局に情報提供してくださったとの事です。
現在は大塚虎雄の典拠に没年が反映されています。
https://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00063645
回答プロセス
(Answering process)
①大塚虎雄について確認する。
「Web NDL Authorities」では生没年不明。
https://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00063645 【最終アクセス2020/06/05】

大塚虎雄の著作のうち、「国立国会図書館デジタルコレクション」で
インターネット公開されているものは、以下の2点。
『学界異聞』
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464521 【最終アクセス2020/06/05】

『ナチ独逸を往く』
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271568 【最終アクセス2020/06/05】

いずれも著作権者不明として、文化庁長官の裁定を受けて公開されたもの。

②CiNii Articles・CiNii Books・国立国会図書館オンラインで調査
→大塚虎雄に関する評伝等は見当たらず。

③契約データベース『毎索』でキーワード「大塚虎雄」で検索し、訃報記事が無いか探す。
→該当の記事はヒットせず。

④Google Booksで図書の中に関連記事が無いか検索。
断片的な情報として『文芸春秋』34(12)と『文芸年鑑 1939年版』の内容がヒットする。

⑤現物を確認。
1.『文芸年鑑 1939年版』に死去した年月日あり。“昭和12年12月4日死去。享年36”とのこと。
2.『文芸春秋』34(12)の「回想の帝大新聞」の記事中p.278に“大塚虎雄氏(死去)”とある。34(12)は昭和31年12月1日発行。

⑥死去の日が分かったため、再度『毎索』を検索。
今回は死去翌日の“昭和12年12月5日”で日付検索を実施。
→『東京日日新聞』朝刊11頁に写真入りの訃報記事あり。

以上の情報により、大塚虎雄の著作権は保護期間満了。
1988(昭和63)年1月1日よりパブリックドメインになったと判断し、回答した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281)
参考資料
(Reference materials)
文芸年鑑 昭和14年版 1939. 第一書房. (当館請求記号 000429392, 当館資料番号 R*910.59*B1*1939)
高原 四郎. 回想の帝大新聞. 文芸春秋, 1956. 文芸春秋 34(12) (当館請求記号 M*051*B1, 当館資料番号 001374761)
キーワード
(Keywords)
大塚, 虎雄||オオツカ, トラオ
著作権の保護期間
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2020年6月5日に国立国会図書館デジタルコレクションを見たところ、
『学界異聞』と『ナチ独逸を往く』の公開範囲が、
「インターネット公開(保護期間満了)」に変更されていた。
ただしWeb NDL Authoritiesの典拠にはまだ没年が反映していない。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000282794解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!