このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
練馬区立練馬図書館 (2300093)管理番号
(Control number)
R1004072-33
事例作成日
(Creation date)
2020年04月05日登録日時
(Registration date)
2020年06月02日 17時28分更新日時
(Last update)
2020年06月02日 17時31分
質問
(Question)
ZOOMというweb会議システムについて関連書籍を教えて下さい。
回答
(Answer)
〇web会議Zoomについて
・『Zoomオンライン革命!』 田原真人/著 秀和システム 2017.10 ISBN978-4-7980-4935-9
 *「Zoom」の活用事例を紹介しています。
・【区内所蔵なし】『世界一わかりやすいZoomマスター養成講座』奥村絵里/著 三省堂書店 2018.1 ISBN 978-4-905084-25-9
 *練馬区に所蔵のない資料です。予約は受取ご希望の図書館窓口かお電話で承ります。
・【区内所蔵なし】『「作る」と「使う」の2つで変わる動画で稼ぐ仕事術 Zoom、YouTube時代の新しい働き方』木村博史/著 WAVE出版 2020.3 ISBN978-4-86621-267-8
 *3月に発売されたばかりで、練馬区にまだ所蔵のない資料です。予約は受取ご希望の図書館窓口かお電話で承ります。 
                                   
〇web会議(オンライン会議・ビデオ会議)について
・『Mac Fan』 2020/05 マイナビ出版 2020.05.01
 *p164~MacBook裏メニュー 「MacBookでWEB会議!音声を快適にする」
・『Mac Fan』 2019/08 マイナビ出版 2019.08.01
 *p122~Why not Mac? 「WEB会議システムをどう選ぶか」
・『Mac Fan』 2019/01 マイナビ出版 2019.01.01
*p114~「32名対応のグループFaceTimeでオンライン会議は実現できるか?」
・『日経PC21』 2020/05 日経BP 2020.03.24
 *p128「在宅勤務時にテレビ会議ができる無料のサービスは?」
・『グーグル会議術』 押切孝雄/著 技術評論社 2009.10 ISBN978-4-7741-3984-5
 *Gメールやグーグルグループ等グーグルのサービスを用いた会議を提案。スカイプを活用したインターネット会議の事例あり。
                                                  
〇テレワーク・リモートワークについて
・『テレワーク導入の法的アプローチ』 末啓一郎/著 経団連出版 2020.2 ISBN978-4-8185-1909-1
 *「雇用型テレワークガイドライン」を解説。導入の実務的留意点や労働法規との関係性も確認する。
・『これからはじめる在宅勤務制度』 毎熊典子/著 中央経済社 2018.7 ISBN978-4-502-27131-1
 *「在宅勤務制度はけっして大企業だけが導入可能なものではありません」として、働き方改革としての在宅勤務導入をすすめる本。労務管理体制見直しのポイントやセキュリティ対策も掲載。
・『中小企業必見!テレワーク導入・実践ガイド』 今泉千明/共著 第一法規 2018.9 ISBN978-4-474-06294-8
 *テレワーク導入の効果や導入のプロセス、労務管理のポイントなどがまとめられています。情報機器の紹介では、p178「代表的なweb会議システム」として6つのシステムを比較する図表にZOOMも掲載。
・『在宅勤務(テレワーク)が会社を救う』 田澤由利/著 東洋経済新報社 2014.2 3 ISBN978-4-492-55737-2
 * 株式会社テレワークマネジメントの代表取締役による、「在宅勤務は『福利厚生』ではなく『企業戦略』」として、 どのように制度を取り入れるか、在宅勤務の課題はどのように解決するか解説。
・『マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた』 スコット・バークン/著 新潮社 2015.2 ISBN978-4-10-506831-8
 *マイクロソフトからリモートワーク中心のオートマティック社に転職した著者による記録。企業文化やプロジェクト進行法が従来と異なる中で、どのように仕事をしてきたかが具体的に描かれる。
・『強いチームはオフィスを捨てる』 ジェイソン・フリード/著 早川書房 2014.1 ISBN978-4-15-209433-9
 * ソフトウェア開発会社「37シグナルズ」創業者による「リモートワークという働き方をより公平に検討する」ための本。2013年にヤフーのCEOがリモートワーク廃止を発表したことを受けて書かれた。
・『あなたのいるところが仕事場になる』 森本登志男/著 大和書房 2017.7 ISBN978-4-479-79605-3
 * 東京オリンピック開催中の東京は混雑必至のため、それまでにはあらゆる仕事のテレワーク化が進むと予想。また働き方が変われば都会と地方の境目がなくなり、地方の活性化が見込まれるという。テレワークの先行事例として佐賀県庁やカルビー株式会社を掲載。
・『テレワーク』 佐藤彰男/著 岩波書店 2008.5 ISBN978-4-00-431133-1
 *どうしてテレワークが推奨されているのかという解説と、第4章「テレワークという自宅残業」や第6章「労働が見えなくなるということ」といった問題点も考察している。
・『企業テレワーク入門』 小豆川裕子/著 日本経済新聞社 1999.7 ISBN4-532-10791-1
 *企業におけるテレワーク導入に向けた基本的な考え方や設計を紹介。企業が各々の特性に合わせてテレワークをデザインすることを目標とする。この当時からテレワーク制度の導入が始まっていたことがわかる。    
・ 『週刊東洋経済』2020/04/04
 *p82「テレワーク 新型コロナ予防で急拡大 間違わない導入の秘訣5」
                                                                                                            
〇関連する新聞記事等
 ・朝日新聞 2020年03月29日朝刊 「入国制限拡大、悩む日本語学校 留学生足止め、授業・経営不安 新型コロナ【名古屋】」という見出しで、Zoomを使用して在宅講義をしているという記事。
 ・朝日新聞 2018年12月19日朝刊  「(いま親たちは)不登校と向き合う:4 地元で会えなかった仲間、ネットに」という見出しで、Zoomを使用してオンライン交流会を行っているという記事。
 ・読売新聞  2020年03月13日朝刊「遠隔授業「楽しい」 休校中 子ども支える 動画配信も 新型コロナ=新潟」という見出しで、Zoomを使用して遠隔授業をしているという記事。
 ・読売新聞 2020年03月12日朝刊「あすネットで合同企業説明会 新型コロナで県=福井」という見出しで、就職説明会をZoomを使用して行うという記事。
 ・読売新聞 2020年03月11日朝刊「ネットで企業説明会 新型コロナで続々中止受け 県など、17日から=岩手」という見出しで、就職説明会をZoomを使用して行うという記事。
 ・日本経済新聞 2020年03月30日朝刊  「入社式、「分散」で安全確保、ノジマ、全国33カ所で実施、パナソニック、自宅PCから参加。」という見出しで、様々な方法で入社式を行った企業の中にZoomを使用したというものも紹介。
 ・日経MJ(流通新聞)2020/03/27 「新型コロナで加速するDX――アバター、オン飲み…、職場も変身」という見出しで、「スカイプ」や「スラック」などの人気オンライン会議サービスがかなりの契約数を伸ばしている。何より一番ブレークしたのはビデオ会議サービスの「Zoom(ズーム)」だろう。」とある。
 ・日経産業新聞 2020年03月26日 「ソフトバンク、企業のテレワーク支援。」という見出しで、「ウェブ会議サービス「Zoom(ズーム)」などパートナー企業のサービスも割引料金などで使えるようにする。」とあり。
〇インターネット情報
 ・Zoomに関連するニュースは日々更新されているようです。参考URLもご覧ください。
(1) NHKニュース2020/4/5 利用者2億人「Zoom」がセキュリティーに問題と発表 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200405/k10012369171000.html
(2) 東洋経済オンライン2020/3/14「在宅勤務で躍進!ビデオ会議『Zoom』強さの秘密」 https://toyokeizai.net/articles/-/336792
(3) 日本経済新聞ニュース2020/4/3 米ズーム、プライバシー保護と安全性の不備を謝罪 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57606980T00C20A4000000/
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
Mac Fan 2020/05 マイナビ出版 2020.05.01 007.63
Mac Fan 2019/08 マイナビ出版 2019.08.01 007.63
Zoomオンライン革命! 田原真人/著 秀和システム 2017.10 007.353, ISBN 978-4-7980-4935-9
グーグル会議術 押切孝雄/著 技術評論社 2009.10 809.6, ISBN 978-4-7741-3984-5
日経PC21 2020/05 日経BP 2020.03.24 007.63
テレワーク導入の法的アプローチ 末啓一郎/著 経団連出版 2020.2 336.4, ISBN 978-4-8185-1909-1
はじめて仕事で活用するビジネスフェイスブック 上田修子/著 中経出版 2011.3 007.353, ISBN 978-4-8061-3998-0
グーグル会議術 押切孝雄/著 技術評論社 2009.10 809.6, ISBN 978-4-7741-3984-5
Mac Fan 2019/01 マイナビ出版 2019.01.01 007.63
週刊東洋経済 2020/04/04 東洋経済新報社 2020.04.04 330.5
これからはじめる在宅勤務制度 毎熊典子/著 中央経済社 2018.7 336.4, ISBN 978-4-502-27131-1
中小企業必見!テレワーク導入・実践ガイド 今泉千明/共著 第一法規 2018.9 336.4, ISBN 978-4-474-06294-8
在宅勤務(テレワーク)が会社を救う 田澤由利/著 東洋経済新報社 2014.2 336.4, ISBN 978-4-492-55737-2
マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた スコット・バークン/著 新潮社 2015.2 007.35, ISBN 978-4-10-506831-8
強いチームはオフィスを捨てる ジェイソン・フリード/著 早川書房 2014.1 336.4, ISBN 978-4-15-209433-9
あなたのいるところが仕事場になる 森本登志男/著 大和書房 2017.7 336.4, ISBN 978-4-479-79605-3
テレワーク 佐藤彰男/著 岩波書店 2008.5 336.4, ISBN 978-4-00-431133-1
企業テレワーク入門 小豆川裕子/著 日本経済新聞社 1999.7 336.4, ISBN 4-532-10791-1
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282707解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!