このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-494
事例作成日
(Creation date)
2019年02月19日登録日時
(Registration date)
2020年05月29日 10時03分更新日時
(Last update)
2020年05月29日 11時36分
質問
(Question)
京都御所は江戸時代に何と呼ばれていたか。また当時、皇居という言葉はあったか。
回答
(Answer)
『皇室事典』(①)のp.324、「京都御所」の項目に「江戸時代にはもっぱら禁裏または禁裏御所とよばれた」とある。
同書pp.333-334の「皇居」の項目には、皇居という呼称は昭和23年から用いられるようになったことが書かれている。

『京都大事典』(②)pp.278-279「京都御所」の項には、江戸時代に限定するものではないが、「禁裏御所」、「内裏」という表記も記載されている。

『京都御所』(③)p.3に、京都御所が「内裏」とも呼ばれることが書かれている。

『国史大辞典,4:き‐く』(④)pp.337-339「京都御所」の項に、元弘元(1331)年から明治初年までは「土御門東洞院内裏」または「土御門内裏」とも呼ばれたこと、明治23年から昭和23年までは、「京都皇宮」という呼称が用いられたことが書かれている。

『国史大辞典,8:す‐たお』(⑤)pp.913-917「内裏」の項で、京都御所に限らず天皇の平常の御在所の呼称として、「大内・内・大御門・禁中・禁裏・禁闕」などの語も紹介されている。ただし、江戸時代に使用されていた語であるかまでは記載されていない。
回答プロセス
(Answering process)
『皇室事典』(①)、『京都大事典』(②)『京都御所』(③)で、京都御所の呼称に関する記述を調べた。
『国史大辞典』(④⑤)で「京都御所」の項や、①②③で出てきたキーワード「内裏」の項を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
参考資料
(Reference materials)
①皇室事典編集委員会編著.皇室事典.角川学芸出版,角川グループパブリッシング(発売) ,2009. (当館請求記号:||288.4||Ko87||)
②佐和隆研[ほか]編集.京都大事典.淡交社,1984. (当館請求記号:K0||291.62||Ky6||)
③藤岡通夫著.京都御所.中央公論美術出版,1987. (当館請求記号:K111||521.825||F65||)
④国史大辞典編集委員会編.国史大辞典,4:き‐く.吉川弘文館,1984. (当館請求記号:||210.033||Ko53||4)
⑤国史大辞典編集委員会編.国史大辞典,8:す‐たお.吉川弘文館,1987. (当館請求記号:||210.033||Ko53||8)
キーワード
(Keywords)
京都御所
禁裏
禁裏御所
内裏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282515解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!