このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
萩市立萩図書館 (2310009)管理番号
(Control number)
000000000001105
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2020年05月19日 13時49分更新日時
(Last update)
2020年07月09日 16時09分
質問
(Question)
萩市の民謡「嫁泣き節」について知りたい
回答
(Answer)
 資料①、②、③を紹介。(※資料②記載の作詞者の名前・田中俊介は誤字であると思われる。)
 嫁泣き節は、昭和29年、萩市観光協会副会長の山本与作の発案で作られた。歌詞は、民謡に造詣の深い田中俊資(しゅんすけ)が作成。作曲は、コロンビア株式会社専属の服部逸郎が担当、神楽坂玉枝の吹き込みで30年8月に新譜として発売された。レコードには、コロンビアでつけた舞踊もあったが、萩市芸能家協会でも独自の手をつけて発表した。今でも萩ではこの方の踊りが踊られている。(資料①より)
 萩市越ケ浜は、井戸が掘れなかった為、遠くまで湧き水を汲みに行く必要があり、この唄は、若い嫁の水汲みの辛さを歌ったものである。(資料②、③より)
回答プロセス
(Answering process)
 館内所蔵検索機で「嫁泣き節」で検索。
  資料②がヒット。CDに唄の収録有。歌詞カードに、歌詞、舞踊・唄の説明の記載有。
 
 「嫁泣き節」でインターネットで検索。(検索日:2020/5/19)
   山口県観光連盟のホームページ(資料③)にヒット。
  「萩市内越ケ浜に、若い嫁の水汲みの辛さを歌ったもの。郷土史家故田中俊資が取材作詞した。」と記載有。
 
 郷土史料コーナーで市誌を確認。資料①に、「嫁泣き節」の出来た経緯、歌詞、作詞者等について記載有。
  『萩市史 第1~3巻』(萩市史編纂委員会/編 萩市/発行)、『萩市誌』(萩市役所/発行)には記載なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 萩市明治維新百年記念事業記念図書編さん委員会 編 , 萩市. 萩の百年 : 明治維新以後のあゆみ. 萩市, 1968.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001113284-00   P501~502
資料② CD 鈴木正夫, 藤みち子. 紀州おどり(ぶんだら節)・嫁泣き節. 日本伝統文化振興財団, 2017.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028480571-00
資料③ 山口県観光連盟のホームページ  https://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/13988
キーワード
(Keywords)
萩市
民謡
嫁泣き節
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282291解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!