このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2020-05072-A
事例作成日
(Creation date)
2020年05月07日登録日時
(Registration date)
2020年05月07日 10時27分更新日時
(Last update)
2020年11月25日 18時28分
質問
(Question)
蒲郡が舞台となった小説。三島由紀夫の書いたもの。
回答
(Answer)
「宴のあと」
昭和35年発表。
第9章「いはゆる『新生活』」
主人公たちが新婚旅行で弁天島(正しくは竹島)の八百富神社と蒲郡ホテルを訪れる。

1961(昭36)年3月15日、モデルとされた有田八郎(元外務大臣・東京都知事候補)からプライバシーを侵すものであるとして三島と新潮社が訴えられ、長期の裁判沙汰となり、「プライバシー」と「表現の自由」の問題が日本で初めて法廷で争われた。
1964年(昭39)年9月28日に東京地方裁判所で判決が出て、三島側は80万円の損害賠償の支払いを命じられた(ただし謝罪広告の必要はなし)。三島側は10月に控訴するが、この翌年の1965(昭40)年3月4日に有田が死去したため、1966(昭41)年11月28日、有田の遺族と三島・新潮社との間に和解が成立して、無事に無修正で出版できることになった。
回答プロセス
(Answering process)
1.パスファインダー「蒲郡ホテル歴史・文学作品」より抜粋
事前調査事項
(Preliminary research)
郷土資料担当者作成パスファインダーあり。
NDC
小説.物語  (913 10版)
日本文学  (910 10版)
参考資料
(Reference materials)
編集: 佐伯彰一 [等] , 三島, 由紀夫, 1925-1970 , 佐伯, 彰一, 1922-2016. 三島由紀夫全集 13 (小説 13). 新潮社, 1973.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001256583-00
宴のあと . 三島由紀夫 著, 新潮社, 1960
ウィキペディア「宴のあと」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B4%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%A8 (2020.11.25確認)
キーワード
(Keywords)
小説
蒲郡
蒲郡ホテル
竹島
八百富神社
三島由紀夫
プライバシー裁判
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000281888解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!